Soundwear Professional Bass Trombone Bag

楽器のケースを新調しました。

Soundwear Professional Bass Trombone Bag  

です。

これまで愛用していたのが「やっと手に入れましたGig-Bag」で紹介したGig-Bagでした。
安物の割りに使い勝手が良くて気に入っていたのですが、生地が弱いのでしょうか
チカラの掛かるところがほころんできました。

バンドの仲間からも家内からも「破れているよ」と指摘されて、気になっていたのですね。
そう言えば、紹介記事が2008年6月ですから、もう4年以上使っていたことになります。

Gig_2 Gig2

Gig3Gig4


米国のサイトを調べたのですが、生産中止と言うか会社が存続していないようで、
在庫も出回っておりませんでしたので、使い良さそうなバッグを探していました。




で、決めたのが
Soundwear社Professional Bass Trombone Bagでした。
ごちゃごちゃ説明するより画像をご覧いただくほうが分かりやすいですね。

1 3 4

5  6 7

8 9 10

11 12 13

14 142



ベルを収めたところ。
ミュート類(カップ、バケット、プランジャー)を収めたところ。
収まりましたが、ベルが凹まないか結構心配ですcoldsweats01
15


スライドはこのように収まります。
16



スタンドと譜面台をバンドで固定したところ。
17 18



最終的な背負い姿はこんな感じです。
背負った感じはなかなか良いですhappy01

19 20



では早速今夜のサズデイの練習に使ってみますscissors




ではでは またpaper




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっと手に入れましたGig-Bag

やっと手に入れました。と、言うほどの物ではありませんが、前から欲しかったのです。

バストロ用Gig-Bag。

今までは、Rittorのテナー用ソフトバッグに“無理やり”sad詰めてました。

ベル周りが全く余裕がなく、何かに当たったときの事を心配して使っていましたが、先日心配が現実となってしまいました。

手持ちで駅の階段を上がっている時にちょっとつまずいて、その弾みにベルが階段の角に当たってしまいました。 帰宅して確認すると、なっなっな~んと、ベルが少し凹んでいました。オーマイガァshock

そんな訳でバーゲンセールの時に速攻で注文してしまいました。 本日ご対面~~!

                     

                        

①イメージ図と実際の正面

   イメージ図はスマートなんですが、実物はなんかチョイぽちゃですねhappy01

Gigbag_2 Photo_14                                                       

                                         

                                            

                                         

                                       

                                    

                                         

                                                     

  

  

 ②収納したところ

Photo_15 Photo_16                  

                

                       

                  

                      

                         

                           

③正面の小物収納と、背中側の譜面収納部分

   正面には、マウスピース3個収納、チューナーやオイル等の小物が収納できます。

   背中に当たる部分は譜面やメソッドが収納できます。

Photo_17 Photo_18                         

                    

                    

                   

                    

                      

                       

                              

                             

④底の部分

   底の部分が平らで硬いので、バッグ自体が自立できます。

Photo_19                               

                                                                                      

                                   

             

          

実は、すごく安かったのです。

通常は米国で135ドルで販売されているのですが、この時はなんと20ドルなのです。

でもカラーの選択が出来ませんでした。 少し気の利いたデザインはすぐに品切れで

このパープルしか注文できませんでした。 ま、お得だから我慢するとしましょう。

              

                 

               

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

『SKB-360』 と 『K&M 15270』

少し前にトロンボーンケースとトロンボーンスタンドを通販で購入しましたのでご紹介します。

① SKB360トロンボーンケース

  Img_2033a Img_2035b Img_2036c Jweastmansuperslimwhite                                                   

S.E.Shires(シャイアーズ)のテナー トロンボーン を購入したときに付属していたケースが、KINGの純正ケースでした。

エッ! シャイアーズにKINGのケース? とお思いでしょうが、中古購入なので致し方ないのです。

このKINGのケースがやたら大きくて重い! 肩掛けストラップも付いていないし、何しろ移動にすごく難儀していました。
で、コンパクトケースの購入を検討していたのです。

画像は側面と上面で並べて撮影しました。比べてみるとその違いが少し分かると思います。
重量は、KING=5.5kg SKB360=3.2kg で2kgほど軽減されています。  
  
いま人気の「C.Cシャイニ-ケース=最後の画像」も候補にあがったのですが、私の年齢ではチト恥ずかしいのでSKBに決めました。

使用して見ると、この重量と大きさの差が非常に大きいのです。当面、公共機関での移動はこのケースで、車での移動はKINGを使おうと思っています。

② K&M 15270 トロンボーンスタンド

   Km_15270xxx3a Img_2038d                                                 

        

毎週金曜日が所属するバンドの練習日です。2時間~2時間半の練習時間ですので途中の休憩にスタンドが必要です。

自宅には常設のスタンドがあるのですが、重くて移動には不向きでしたので、この「K&M 15270」を購入しました。
バンドのトロンボーンリーダーの方が横で使っているのを見て、便利そうなので迷わず決めました。

画像を見ていただければわかりますが、折りたたむとベルにスッポリ収納できてしまいます。重量も1kgとさほど重くありません。
これからの練習やコンサートに活躍しそうです。

数回使用してみての感想ですが、少し問題が(と言う程ではないですが)・・・・。
上記の軽量ケースに収納すると、ベル側に少し重量が偏ります。ストラップで肩に掛けた時少し安定性を損ないます。  ま、いいか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「SKB-360」と「K&M 15270」はどちらも「サウンドハウス」から通販で購入しました。  
このサウンドハウス社は他社と比較してかなり廉価で出しています。品数は絞ってありますが目的の物があればお買い得ですよ。 組織もしっかりしているように感じられます
ちなみに“かめまる”はサウンドハウス社の回し者ではごじゃりませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|