『スーパー アップルトリオ』

Img_2097s Img_2098a Save2                                           

                                    

                        

          

12月17日(月)おなじみの「アーリーバード」で『スーパー アップルトリオ』を聴いてきました。

今回はレギュラーの松浦賢二(perc)さんの代打で、パーカスの大御所、岡部洋一さんが出演されました。 そして名前が『スーパー・・・・・・』となったわけです。

    古西ただあきさん(b)リーダー 、中路英明さん(tb) 、岡部洋一さん(pre)

いつも今までの中で今回が最高だ! と叫んでいるのですが、やはり今回が本当にホントに最高でした。

今回も収穫ありました。
まず岡部洋一さん。多彩な技と音を聴かせて頂きました。パーカスってこんなに多彩な音が出るの? と新鮮な驚きでした。
コンガにジャンベ、カホン、ハイハット、シンバル(大・中・小・極小)や、名前の知らないいろいろなオモチャのようなものまで、
それはそれは色々とリズミカルに、また効果的に使われていました。ホントにリズムが楽しいんです。裏技も幾つか披露していただきました。
パーカス技の百貨店(なんかピッタリしないですが)みたいでした。
この岡部さんがパーカスの大御所とは帰宅後にWebで知りました。

この岡部さんのパーカッションに中路さんのラテン風トロンボーンがこれまた絶妙に合うのですね。
このお二人だけの曲が1セットの最後に演奏されましたが、私の顔はにやけっぱなしでした。もちろん中路さんのボントロはいつもどおり全開でゴキゲンした。

リーダーの古西さん(base)も、あるときは掛け合いで真剣なお顔をしていましたが、総じて今回の出来を楽しんでいた楽しんでいたようです。

やはり今回が最高!! でした。 このバンドの時はいつも飲みすぎます。

今回は、雑誌「ブラストライブ」最新号に中路さんの記事が数ページにわたって書かれていましたので、少し記事についてお話を伺うことができました。
中路さんは結構気さくなお方です。雑誌の記事のところにサインを頂きました。画像の一番右ですがわかりますか?

今月26日に吉祥寺ストリングで中路さんの「スーパーラテンセッション」があります。思わず「聴きに行きます!」と約束してしまいました。
この「スーパーラテンセッション」は楽しめる、と言うかシビレること請け合いです。楽しみです。

また、この日の様子は古西さんのBlog(野川紀行)でも書かれています。写真もありますので興味のある方は覗いて見てください。

「アーリーバード」でのアップルトリオはまだ次回未定です。2月くらいに来ないかな。            

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっぱり『アップルトリオ』は楽しい!

Img_2043aa_2 Img_2045bb                                              

おなじみの錦糸町『アーリーバード』で『アップルトリオ』を聴くのは何回目だろうか。

前回も「今回が最高に良かった!」と感想書いたのだけれど、今回も「いや、今回のほうが絶対最高だ!!」と叫んでしまいました。

回を重ねるごとに耳が肥えてきたのかも知れません。聴くごとに新たな発見があります。

中路さんの、響き渡る強烈な雄たけび。バラード系の柔らかな音色。意表をつくトリッキーなプレイ・・・mixiをご覧の方はご存知と思いますが、中路さんは意外におちゃめなのですね。それが時々プレイに現れて聴く人を楽しませてくれたりもします。

今回はステージごとに席を3回変えて聴きましたが、場所によって音色や感じがかなり変わるものですね。
1回目はほぼ正面でききました。音がダイレクトに聞こえますが、少し近すぎて響きがあまり感じられませんでした。遠鳴りの音色は少し離れたほうが良いのかもしれません。

2回目はスライドアクションを観察したい為に真横方向で聞きました。反射音もあり、なかなか程よい音色と、アンブシャーの加減やスライドの動きが良く見えて、すごく為になりました。

最後は斜め後ろからの位置でした。演奏が始まる前はちょっと場所が悪いかな、と思ったのですが意外や意外で、それまでと違って、一番豊かで図太い音が響いていました。特に中音域のバラード系は正面で聴くのと大違いでしたね。
これって、体全体が楽器になっているのでしょうか? 「背中から大きな音が出る」と言う話は聞いたことがあります。
今回も奇声や拍手喝さいで騒いでしまいました。

ベースの古西さんの演奏も前回にもまして味が良く出ていました。ベースのソロは聴き入ってしまいました。リーダーとして毎回趣向を凝らしたステージを演出してくれています。拍手や掛け声が少なくてすみませんでした。

パーカスの松浦さんは今回もジャンベを持ち込み、迫力のあるソロを聴かせてくれました。あんなに連打してよくもまあ手が痺れないものだ、と思っていましたら、やはり少し堪(こた)えているようです。顔に見せないところがシャイですね。ニヤっと笑うお茶目な笑顔がトレードマークです。

和気あいあいで息の合ったトリオです。とても安心して聴いていられます。まだ次回の予定は未定のようです。是非早めの予定を組んで欲しいものです。

【画像左】 演奏風景
【画像中】 出演者一同様。中の女性はピアノの松岡里香ちゃん。3ステで競演してくれました。姉妹店「レディバード」にも出演しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アップルトリオに激しく感激

3ヵ月ぶりでしょうか。
久々に聴くアップルトリオに激しく感激してしまいました。

 436871793_152_5 436871793_13_5 436871793_170_4                                 

古西忠哲(b) 中路英明(tb) 松浦賢二(per)

このアップルトリオ、コード楽器(ピアノ、ギター等)がいない変則トリオです。コード楽器がいなくても違和感のないようにドラムではなくパーカッションで味をつけています。

回を重ねるごとにバンドとしてもまとまってきましたが、聴く側の私も少し冷静に観察できました。でもスバラシイ。
ウーーン マンダァム! いやトレビアン! ブラボォーー!  とにかくYeah!とかohh~!声をかけまくっていました。

 
中路さんのtbは切れまくっていました。
暖かな艶のある中低域から、華やかで時には激しい高域まで、
正確なスライディングで観客を唸らせていました。

しかし、かめまるの音色とこんなに違うのはどうしてだろう。中路さんの音色はとてもキメが細かいのですね。キメが細かいから音色に艶が出る。かめまるの音色は粒が粗いです。早く音色だけでウットリさせるよう腕を上げたいですね。

リーダーの古西さんはMCも乗っていましたが、やはりベースが良かった。ホントに良かった。乗っていました。
正直申しますと、ウッドベースはあまり好きではなかったのです。古西さんを聴いてから次第に良さが分かってきました。

パーカッションの松浦さん。今夜は色々とお話をうかがいました。
いつも一人だけ派手なアロハで目立っていましたがなかなか堅実な、向上心をもたれた方でした。 演奏中にお茶目な笑顔で古西さんとアイコンタクトとっていました。

次回はまだ未定です。皆さんご多忙な方ですが早めに
予定組んでいただけると嬉しさ3乗です。

中路英明さんのオフィシャルHP

http://www.jml.jp/obatala/

ライブハウスは錦糸町「アーリーバード」
http://www.geocities.jp/earlybird_mmp/05.htm

-------------------

写真の女性は、ゲストと言うかお客の松岡リカさん。3rdセットでピアノで競演していただきました。チャーミングなお嬢さんです。現在は「アーリーバード」の姉妹店「レディバード」で時々ピアノを弾いています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

中路英明さん(アップルトリオ)

349989217_131 中路英明さんは日本のトロンボーン奏者では第一人者です。
と言うのは、初めてライブを聴いた後に知りました。

比較的空いていましたので、ステージの合間の休憩時間に
あれやこれやと質問の嵐を浴びせてしまいました。
初心者的・素人的なぶしつけな質問にもニコニコとお答え
いただきました。後でこの世界では超有名人と知って大変に
恐縮したものです。

錦糸町「アーリーバード」での「アップルトリオ」はこの後数回聴きましたが、
初回よりも2回目、2回目より3回目と次第にバンドに慣れて
吹きまくっていました。大満足でした。

中路英明 オバタラ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=296341
中路英明さんのHP:
http://www.jml.jp/obatala/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|