High Five Jazz Orchestra 10周年コンサート(2015年7月26日)

High Five Jazz Orchestra 10周年コンサート をご案内します。



  場所:墨田区曳舟文化センター

  開催日:2015年7月26日(日)
  開場:13:30
  開演:14:00
 入場料:1000円 →お問い合わせくださいこちら  特点あるかも



Flyer20150726_2






筆者が以前所属していたビッグバンドです。
現在は錦糸町の家庭センターで練習していますが、その前には曳舟のユートリアが練習場所でした。
筆者もユートリアにしばらく通い、練習後のノミニケーションも積極的に参加していましたので、曳舟は懐かしいです。


10周年と言うことでリハーサルにもチカラが入っているようです。
筆者は当日はスタッフとしてお手伝いにまいります。
ご興味ある方は是非足をお運びくださいませhappy01








ではでは  またrock












| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

上小岩すくすくスクール・ジャズコンサート(20150621)

本日は輪友が入院している千葉西総合病院へ2回目のお見舞と、以前所属していたビッグバンドのコンサートに顔を出してきました。

自転車(リカトラ)でぐるっと回ってくる予定でいたのですが、あいにくの雨模様のため、やむなく電車バスを利用しました。

輪友はとても回復が順調であと1週間で退院の運びとなりました。
DVD7枚引き上げて10枚組みDVDを差し入れました。
しばしの歓談の後京成小岩駅に向います。



次の目的地は上小岩小学校です。
鼓笛隊演奏とジャズコンサートとうたっていますが、1部は鼓笛隊演奏で2部がジャズコンサートとなっています。
筆者は乗り換えに手間取り、2部にやっと間に合いました。
ステージに向うバンドメンバーを呼び止めて挨拶した後、客席に陣取ります。



2015_doc



演奏はサーズデイジャズクラブ です。














1
演奏が始まりました。
体育館のためか音響がいまいち(いま2?)でしたが、これは致し方ありませんねweep





2
トロンボーンフィーチャーです。
譜面は以前に筆者が提供したものだとか後でこのお2人に聞きましたが、全く覚えがありません。ナハcoldsweats01

マイクは無く生音で頑張っていましたhappy01





3vocal
歌姫さんです。なかなか盛り上げていましたよ。








プログラムは各パートを順にフィーチャーされていました。
このバンドは元プロの方が数名在籍していますので、バンド全体のまとまりは良くて楽しめました。

なかでも特にトランペットが素晴らしかったですね。
それと、いつも胸のすくようなコンガを聞かせてくれるバンマスも今回も聴かせてくれました。やはり元プロは違いますね。



このバンドはとても和があって暖かいのです。バンマスとコンマスの人柄のよさを反映しているようです。
筆者が体調を崩して退団の相談をさせていただいたときにOBor団友としてつながりを持っていたいようなことをお願いしましたら、なんと現在までバンドHPにメンバーとして残っております。とても嬉しい事です。
復帰はかなわぬことと思いますが、裏方スタッフとしていつでもお手伝いさせていただこうと心に決めています。






ではでは またpaper












| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

無事終了しました。 東京T.U.Cライブ!!

かねてよりご案内しておりましたが、
筆者の所属するHigh Five Jazz Orchestra秋葉原・東京T.U.Cでのライブ演奏が無事終了いたしました。

お寒い中、足を運んでいただきました皆様に厚くお礼申し上げます。
会場は超満員状態でご不便をおかけいたしましたことお詫びいたします。


今回は筆者の家族のみならず、友人や知人に声を掛けてお誘いさせていただきましたところ、ナント8名の方に足をお運びいただきました。ありがたい事です。本当にありがとうございました。




Save0034
 当日のプログラムです。
 曲順の入れ替えが若干ありました。










Photo_2

筆者の席から見たステージです。
ゲネプロの合間かな。




Photo_3
昼食はライブハウスでカレーをいただきました。




Photo_4
演奏中ですが、トランペットもトロンボーンもお休み状態ですのでサックス・ソリの場面ですね。

(この画像はシゲりん様から送っていただきました)



このライブ本番の1週間前に、一人の主要メンバーが大怪我をしました。
助っ人を依頼するにはあまりにも時間が無いため、欠員状態で本番に臨みました。
少し間が空いたようなステージ進行でしたが、がなんとか乗り切れたようです。


画像は追って追加しますが、まずはご報告まで。


追補
自転車でご一緒する無邪気BさんのBLOGにも書かれていますので、そちらもご参考にしてください。




| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

いよいよ来週がライブ本番です!

いよいよ来週が本番です。
ゲネプロ(会場での直前練習)を除いて最後の練習となりました。


Jpg
当日のフライヤーです。

日時:2013年2月17日(日)
     開場:17:00 
     開演:1st set 17:30~18:30 2nd set 19:00~20:00
入場料:一般 ¥2,000(当日¥500 up)
     学生 ¥1,000(当日¥500 up)










昼食は野口鮮魚店で摂ろうと、少し早めに家を出ました。

Photo
錦糸町からスカイツリー駅行きのバスに乗車します。
ここは錦糸町駅前を出たところです。







Photo_2

業平4丁目で下車して西に向う途中でスカイツリーが見えます。
筆者はどの角度から見てもスカイツリーが好きですね。
やはり圧倒される大きさです。








Photo_6Photo_7
更に進むと親水公園を望む橋を通ります。
ここは大横川を堰き止めて造った親水公園です。
釣堀を多くの方が楽しんでいます。





Photo_8Photo_9Photo_10
野口鮮魚店に着きましたが、少し出遅れたためか待ち人が多く、入店するまでに時間がかかりそうです。


やはり休日は混みますね。筆者が食事をした時は、平日にこの界隈をサイクリングで訪れた時でした。うーーん。開店前に並ぶか平日しか機会がないかもですconfident



前回同様に練習会場近くのコンビニでサンドイッチ他を購入して、会場隣接の公園で日向ぼっこしながら食します。



本日時は最後の練習と会ってチカラがこもります。
「前延長と夜間を追加していますので有効に使用してください」
とのバンマスからのお達っしが出ています。

  1200~1300 個人連、セク連
  1300~1730 通常練習
  1730~2100 続き、個人連、セク連


Photo_11Photo_12
休憩時間とトロンボーンたち。
本日の練習はかなり疲れました。
筆者はすこし早めに引き上げさせていただきました。






さぁ あと一週間ですので、個人練も頑張りまっすdashdash





ではでは 東京T.U.Cでお会いしましょうpaper






| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

昨日はバンド練習でした

来る2月17日の本番に向けて、バンド練習としては後2回を残すところとなりました。


先週の日曜日(1/20)はトロンボーン・セクションの個別練習があり、両国の音楽スタジオに4名集いました。今日はその成果が試される?日です。

通常は13時から18時まで枠なのですが、今日は時間枠を拡張して午前9:30からの練習になります・・・・・・・っと、遅刻でどやされるのを覚悟して10時頃に練習場所に駆け込みました。

あれっ! アレッ? 見たこと無い人たちが・・・・・・。
とりあえず「すみませーーん 部屋間違えましたcoldsweats01」と退出しましたが、腑に落ちません。

ロビーでメンバーの方に携帯で連絡をとりましたが、ナント 本日は12時からの1時間前倒しだけでした。次回が午前中からの1日練習となります・・・だって。ボケてきたのかcoldsweats01



時間が有りすぎるので、スカイツリーの近くの「小さな魚河岸 野口鮮魚店」で早い昼食を摂ろうと思って、散歩がてらノンビリ歩いて向いました。
今日は風が少し強いですが、お日様がでていて暖かく散歩日和でしたね。


Photo
スカイツリー方向に歩いて7-8分のところにある「野口鮮魚店
左側が入り口になります。




Photo_2
野口鮮魚店の前からのスカイツリーです。

良く晴れていて気持ちが良いです。








まず撮影してからおもむろにお店に入ろうとすると、am11:30からの営業看板が目に付きます。
うーーん 12時に戻るにはチト時間的にキツいですね。残念ですが少し考えてから引き返しました。
この野口鮮魚店は築地のまぐろ仲卸直営の魚屋さんが運営していて、ボリュームたっぷりで大変美味しいのです。 筆者は2回利用させてもらっていますが、2回とも刺身定食を注文しました。 またお伺いするとしましょう。





練習場への帰りの道すがら適当な食堂が無いかと探しながら歩きました。
2-3軒の食堂がありましたが、何れも11:30からの開店でしたので、練習場所近くのコンビニで食料を調達して脇の公園で済ませました。 
この公園は厚かましいハトが多くていつも閉口しているのですが、今日は多くのハトが出張中らしくノンビリできました。



練習場にて。 まだまばらですね。

Photo_3 2









筆者の席。楽器はBACH50B(後付セイヤーバルブ)です。 ニューヨークのブラスラボにて改造されたものです。 画像では見えませんが、F管の曲線が微妙に工夫されていて気に入っています。

Photo_4









その後のバンド練習ではコンマスから「トロンボーン全体がすごく良くなっている!」とのお言葉がありました。 先週の秘密のセク練習が功を奏しているな、と一同ニヤリsmile



本番まで1回の練習を残すところとなりました。
さらに頑張りまッすdashdash





ではでは またpaper











| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秋葉原TokyoTUCにてライブを行います! 2013年2月17日(日)


筆者の所属するHigh Five Jazz Orchestraが、秋葉原にあるライブハウス「東京TUC」に公式プログラムとして2回目の出演を致します。


日 時:2013年2月17日(日)
      開場:17:00 
      開演:1st set 17:30~18:30    2nd set 19:00~20:00
入場料:一般 ¥2,000(当日¥500 up)
     学生 ¥1,000(当日¥500 up)


Jpg

左のフライヤーの画像は昨年6月の第一回目のものです。筆者はリハビリ中でお休みをいただいていましたので写っていません。観客席で楽しんでいました・・・ってお気軽ですねcoldsweats01









Map

赤字・赤丸で分かりやすいように示しました。

このライブハウス、サービス料やミニマムチャージ等が無く、初来店のお客様へ1snackサービスがあります。
一般的には1ドリンク1つまみや2000円前後のミニマムチャージが求められますので、このお店は良心的でオススメです。





是非是非、皆様のご来場をお待ち申しております。
筆者も頑張りまッすdashdashdash







ではでは またpaper

 
 
 
  
 
 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サウンドストリームジャズオーケストラ(SSJO) 第21回リサイタル

ウンドストリームジャズオーケストラ(SSJO)の第21回リサイタルに裏方としてお手伝いにお邪魔してきました。




日時:平成24年11月24日(土)
    開場:13時30分 開演:14時
会場:船橋市宮元公民館



パンフです。

Photo_2 Photo_3

しっかし・・・右の演奏画像が古すぎます。
この中に筆者が写っているのですが、このポジションに居たのは数年前のような・・・coldsweats02





まずリハーサルの様子です。

Photo_4 2_3




筆者はステージ後方でスポット照明のお手伝いです。
なにやらパパラッチの望遠カメラみたいですねhappy01

Photo_7 





開場前のロビーです。 毎回定刻前にはロビーにお客様があふれますので、定刻10-15分前には開場します。
とても熱心なファンの方が多くて、開場1時間以上前から折りたたみ椅子を持参して並ばれている方もいらっしゃいます。 バンド冥利に尽きますねcrying

Photo_9


この後、開場ー開演となるわけですが、一部は動き回る司会者を追いかけたり、立ち代り繰り出されるソロ演奏者にスポット照明をあてたり、かなり忙しかったので撮影できませんでした。




1部終了後の休憩時間です。
客の入りは250名ほどで、ほぼ満員でした。

Photo_10





2部演奏が始まりました。
1部はお揃いの青シャツ(男性) 青ワンピース(女性)でしたが、2部は私服です。

2_4





可愛いサンタさんのソロ演奏です。

2_5






アンコール演奏曲、マンボ№5の演奏をもって演奏会はお開きとなりました。


今回の演奏はすごくまとまっていたようです。
昨年は ?? と言う場面がありましたが、今回は最初から聴き入ってしまいました。
ソロリストは皆さんもなかなか聴かせてくれました。 皆さんお疲れ様でした。




次回演奏は「第19回バンドスタンド船橋」です。
その前売りチケットを求める方の列です。20数名いらっしゃいました。うれしいことですね。

可愛いサンタさんの握手券付きチケット売り場。 どうりでいつもより多いような・・・coldsweats01

Photo_11



来年2月3日開催されるバンド船橋のポスターです。
今回はエリック・ミヤシロさんがゲストプレーヤーです。盛り上がりそうです。
筆者もお伺い予定です。

Photo_12





ではでは またpaper








| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

『ビッグバンド in アンデルセン』ご案内

Img_0577



『ビッグバンド in アンデルセン』が以下の通り開催されます。

興味ある方は是非お出かけ下さい。

●場 所:ふなばしアンデルセン公園 イベントドーム
●開催日:2008年8月10日(日)
●時間 :11:00-15:30
●出演バンド:6バンドが演奏します(変更あるかも)
       Sound Stream Jazz Orchestra 
       Big・Band・Bugs
       Dial 'S'
       JJB 
       SwingHearts Jazz Orchestra 
       The Third Coast Jazz Orchestra JJB

●問い合わせ:アンデルセン公園 サマーフェスティバル係(047-457-6627)

私かめぼんはSound Stream Jazz Orchestra(11:45-12:20の演奏予定)で出演します。
Sound Stream はコンマスの意向(と言うか好み)でチト変わった曲を選曲してます。


それはそうと、今回、私かめぼんがMCを仰せつかりました。
しかし・・・難曲の演奏に手一杯なのでMCをしている余裕がありません

「じゃ、年末の定演でもMCやってみる?」とか言われそうになったので、渋々首を縦にふったのでしたshock




| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

ペダルのG

Pedal Fancypants New_cool_collective

                                 

                                 

                                   

                                                            

あるジャズ・トロンボーン・アンサンブルのメンバー募集内容の一つに
「テナー・トロンボーンの場合はHi Dぐらいまで、バス・トロンボーンの場合はペダルGぐらいまで演奏できる方」と言う項目があります。                                                                              

                                                             

“演奏できる”という意味は、(あらゆる状況で)演奏できる、と言うことです。

                                                          

例えば、テナー・トロンボーンの場合はHi Dを演奏するためには、その3度~4度上の音を普段から出せなければHi Dは演奏には使えません。

                                                           

それと同じことがバス・トロンボーンの場合にも言えます。
ペダルGを演奏するためには、その3度~4度下の音をバリバリ出せなければペダルGは演奏には使えません。(画像左ご参照ください)

                                                               

このペダルGが演奏できると言うことが、バス・トロンボーン奏者の要件なのでしょうかね。

   (ペダルトーンとは、オルガンのペダルで出すような低い音ということから

   きた言葉で、へ音記号の下第3間のB♭から下の音域をさします)

                                                                

実際、今現在練習している曲の一つにペダルGのff(フォルテッシモ)の爆音アタックが出てきます。(画像中ご参照下さい)
バッ!バッ! と言うような歯切れの良い音が求められています。
悲しいかな、私はまだファ!ファ! 程度しか鳴らせていませんhappy02

                                                             

テナー・トロンボーンの場合はバリバリ鳴らせるのですが、まだバス・トロンボーンでは調子が出ません。

                                                                        

もっともテナー・トロンボーンでも毎日練習して2ヶ月ほどかかった記憶があります。
仮本番まであと50日! ネジをギリギリ巻いていきまするdashdash

************************************

画像右

New Cool Collective BigBand・・・皆オジサンですがサウンドはぶっ飛びますcoldsweats01

                                                                

                                                           

                                                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

本日よりバストロンボーンに専念いたします。

Photo_4 Photo_5                                                                         

                                                              

                                                              

                                                                                                                            

wobbly今月(5月)より、東京下町の社会人ビッグバンド「High Five Jazz Orchestra」に、バストロンボーンとして加入させていただきました。

バストロ始めて2ヶ月余の初心者を暖かく迎えていただき大変感謝しています。
既に2回の練習に参加していますが、バンマス・コンマスをはじめ、皆さん真面目で暖かい方達ばかりで、ひとまずほっとしています。
既にMemberページに画像付で紹介されています。こういうのは初めてです。なんか非常にうれしいですね。

しかし、さっそく7月のプレライブに向けて21曲に取り組まねばなりません。
私にとっては全て新曲です。おまけに中に数曲はかなり難易度の高いので、それはもう毎日必死で取り組んでいます。

                                                                                                                           

happy01もう一方のテナートロンボーンで所属している「Sound Stream Jazz Orchestra
は、昨夜の練習後の雑談の中で、私のバストロンボーンへの横滑りが決まりましたscissors

今までトラ(エキストラ)でお願いしていたバストロ吹きの方が、実は上吹きがメインということがコンマスの耳に入り、『それではかめさんがバストロへシフトし、2番テナーをトラでお願いしよう』ということになりました。雑談の中でドサクサに紛れて決まったようなものですね。

このSSJOの練習では3週続けてバストロを吹いてアピール?していたのが功を奏したようです。

happy01で、タイトル通り、本日から晴れてバストロ専門となったわけです。めでたしめでたし。
今までよりも更にさらに練習にチカラが入りますdashdash  乞うご期待!

                                                                                                                        

*********************************

画像(左)
バストロ用のミュート類とスタンド。一番右のカップミュートがドデカイのです。持ち運びの手段を考えねばなりません。

画像(左)
ブレッカー・ブラザーズのCD。ヘヴィ・メタル・ビ・バップ [Live]
1978年作と言うことです。30年前の演奏ですが全く凄い! ぶっ飛びます!
まだ聴いていない方は是非聴いて下され。ヘヴィメタルというよりはFunkyJazzです。

                                                             

                                                           

                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|