嬉し恥ずかしビッグバンドデビューしました。

(この項は長文ですみません)

3107105_2846162615 3107105_2903572508

2007年8月25日(土)

いよいよ待ちに待ったサマージャズコンサートの日が来ました。

前夜の準備(兼)リハーサルではあまり時間が取れなかったので、当日は早めに現着を目指しました。
しかし、大物と言うべきかボケ老人と呼ぶべきか、なんと4駅も乗り過ごしてしまいました。
早めに出発したので集合時間には充分に間に合いましたが、油断していると危ないところでした。

当日の午前中は
 ・10時~11時がバンド演奏のリハーサルで
 ・11時~12時が女性ヴォーカルとのリハーサル
の予定でしたが、大幅に伸びて13時までリハーサルを続けていました。
本番は14時からの予定です。

12時頃に、招待していた“シゲりん小高”さんから携帯に連絡をいただいていたのですが、13時過ぎにロビーでお合いし、整理券を手渡して列に並んでいただきました。約1時間お待たせしてしまいました。

食事しようと外に出たら、これまた招待していたお友達の3人娘(ミードン、あっこちゃ、メグちゃ)に遭遇しました。
この3人娘は、このコンサート後に赤坂ポップコーンで“Like-itⅡ”というPOPS系バンドのライブに行く予定なのです。
そして、末娘のメグちゃの誕生祝をするとの事で、かめまるが用意していた花束その他をプレゼントしました。
3人娘と少し歓談し、あまり時間がなくなってきたのでコンビニおむすびを調達して昼食としました。

“Like-itⅡ”は、私・かめまるも良く足を運ぶバンドです。
歌姫である恭子嬢のパンチの効いた抜群の歌唱力と、これまた腕利き売れっ子のバンドメンが醸し出すサウンドは、首都圏でも他の追従を許さず、抜きん出ています。
もっと多くの人に聴いて欲しいバンドですね。

14時になり、いよいよ開演の時間です。
合図と共に楽屋からステージに向かい席につくと、最前列の客席が間近に迫っていたのが少し驚きでした。
トップの古川さんにそのことをお話しすると「照明が落ちると客席が見えなくなるので気にならないですよ」とのことでした。

1st Stage のセットリストは次の通りです。

  1. In The Mood
  2. Take The A Train
  3. Orange Sherbet(カウントベイシー)
  4. Sing Sing Sing (ペニーグッドマン)
  5. My Foolish Heart(ボサノバ)
  6. エル・クンバンチェロ(ラテンリズム)

1st Stageは1曲目「In The Mood」のテンポの良い出だしから、良く耳にする「エル・クンバンチェロ」まで、比較的有名な曲が集まっているので皆さん楽しめたと思います。
私・かめまるも無難にプレー出来たようです。良し良し。
この前半のMCはパーカッションの古館さんでした。軽妙なMCで客席を沸かせました。休憩時でも例年より調子が良いと言う団員の評判でした。

少しの休憩を挟んで 2nd Stage です。

2nd Stage は
女性ボーカルの藤田佐奈恵さん(http://www16.ocn.ne.jp/~sanae/)に出演いただきました。
MCはバリサクの福富さんが担当しました。これまたMCが冴えていました。
途中のメンバー紹介では、かめまるの「最年長・最新人」と「楽器新調」の紹介までしていただきました。有り難うございました。

曲目は以下の通りでした。

  1. Isn't She Lovely(曲:ステーピーワンダー)
  2. I've Got You Under My Skin(女性vo)
  3. Misty(女性vo)
  4. Dreamere Of Dreams(ワルツ)
  5. 美女と野獣
  6. Fly Me To The Moon(女性vo)
  7. Spain

2nd Stage も知られていそうな曲を混ぜながら、最後は強烈な「Spain」で終わりました。
しかし、この2nd Stage、かめまるは大変に苦戦していました。

まず4曲目の「Dreamere Of Dreams」。この曲はジャズワルツと言って、3拍子の中にジャズ特有のイントネーションが出てくるのです。
通常よりややテンポが遅めだったので少しは助かりましたが、やはりリズムに乗り切れなかったです。

最後の「Spain」はインパクトのあるフレーズがユニゾン(皆同じ音を吹く)なのです。
トロンボーンはスライドアクションが見た目派手なので、同じ動きをしないと目立つのですね。
私・かめまるの技量にとっては少し早いフレーズなので、ついていけませんでした。腕を上げねば m(_ _)m .

アンコールは
  1. クレイジーキャッツ(植木等)メドレー
  2. All of Me(w/vo)
でした。

クレイジーキャッツメドレーは、団員のトランペット奏者であるムーディー河原さんが熱唱しました。
アロハシャツとたすき(ムーディー河原名)を新調し、気合が入っています。ほとんど亡き植木等さんが乗り移っていたようです。
最後に藤田佐奈恵さんヴォーカルの「All of Me」で幕を閉じました。

「お疲れ様でした」という古川さんのお言葉で、やっと終わったと言う安堵感が押し寄せてきました。

やっと 私・かめまるのビッグバンドデビューを果たすことが出来ました。
お越しいただいた観客の皆様、SSJOの皆様、本当に有り難うございました。

団員の皆さんはサッサと楽屋に引き上げてしまいましたが、かめまるは少し余韻に浸っていました。
客席の最前列に陣取っていた小高さんがステージに寄ってこられたので、お礼を述べてお別れしました。
3人娘はアンケートに手間取って残っていましたので、少しの間談笑し、お礼を述べて片付けに取り掛かりました。

全て片付け後に控え室でミーティングがあり、その場で正式入団を認めていただきました。ヤッホー!
産休で休団される佐々木さんもお見えになっていて、少し立ち話しました。早く復帰してくださいね、とエールを送りましたが、休団は長引くかもしれないとの事でした。

解散後は津田沼で打ち上げがあり、参加しました。
通常の練習日は忙しくてあまり会話できないので、こういう席は嬉しいです。
帰宅後は疲れがどっと出ました。翌日まで尾を引いていたようです。でも心地よい疲れは良いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いよいよ あと一週間

Ssjo_3

8月25日(土)に開催されるSOUND STREAM JAZZ ORCHESTRA」のサマーコンサートまで残すところあと1週間となりました。

今回のかめまるは練習生の立場で参加します。今回のコンサートが終わったら晴れて正式入団の話をいただいていますが・・・。

実はあせっています。(汗)

かめまるにとってアンコール含めて15曲が全て初めてなのです。いきなり15曲をマスターせねばなりませぬ

なんでもそうですが、付け刃で吹くには厳しいですね。その曲で要求される基本的スキル(音符を正確に吹く)は当然必要なわけで、その上で音楽として演奏するのですから。

毎日基礎練と演奏譜面の練習をしています。このバンド(SSJOと略す)の練習に参加させていただいてから約2ヶ月経ちました。この2ヶ月で腕はぐんぐん上がっている、と自分では感じています。が、まだ不安な曲が2-3曲あります。

果たしてこの1週間で克服できるでしょうか。お楽しみに。

セットリスト(演奏曲目)は以下の通りです。

2007年8月25日 二和公民館 5Thサマーコンサート

1st Stage 1. 

1n The Mood

2. Take The A Train

3. Orange Sherbet(カウントベイシー)

4. Sing Sing Sing (ペニーグッドマン)

5. My Foolish Heart(ボサノバ)

6. エル・クンバンチェロ(ラテンリズム)

2nd Stage

1. Isn't She Lovely(曲:ステーピーワンダー)

2. I've Got You Under My Skin(女性vo)

3. Misty(女性vo)

4. Dreamere Of Dreams(ワルツ)

5. 美女と野獣

6. Fly Me To The Moon(女性vo)

7. Spain

Encore 1. 

クレイジーキャッツ(植木等)メドレー

2. All of Me(w/vo)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|