« 2016年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

ピーターパン 奏の杜店(朝ポタ)

2017年7月30日

昨日書いたXstream700の画像を見ていたら中々お気に入りのスタイルになってきた。今朝は走ってきたい気分になってきたので、チョイ朝ポタで津田沼までパンを食べに行った。






1
ピーターパン 奏の杜店。このお店は朝早くから混んでいる。
数回訪れているが筆者好みのパンが多く楽しみのお店の一つである。










2

エリンギ何たら(左)とピザ合計457円。










3_2
Xstreamをバイクスタンドにとめる。

バイクを眺めながらパンを頬張るのも好きである。





パンを頬張っていると雨が落ちてきた。
本降りにはならない雲行きだったので、食べ終えてから小雨の中をノンビリ走って帰宅した。

朝食はお米を食べたいところですが、日曜は行きたいお店が閉まっていて寂しいです。朝ポタで利用できるお店を2-3店開拓せねば、と思います。






ではでは   またpaper




































| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

RANS Xstream700(26改)の現在

2017年7月29日

RANS Xstream26を手に入れてから1年3か月ほどになりました

入手して最初にこのBlogに書いたのが昨年の5月22日ですから、書く書くとい言いながら放置していました。 ま、書く書く詐欺ですねhappy01


1.全体像

左が現在。右が1年前。カメラアングルが変わっていますが何となく違うと感じますね(笑)

111








2.シート

現在は標準シートからユーロメッシュシートに変えています。
標準シートは2.7㎏に対してユーロメッシュシートは1.1kg(何れもカタログ値)と軽量化に貢献しています。

2













3.ホイール


最終的に700cディスクブレーキホイールに変えました。
前後1460gで軽量です。

Photo Photo_2












4.ブレーキ

ブレーキは4回付け替えています。

1回目:標準discブレーキからVブレーキへ
付いてきたホイールは26インチなのですが、タイヤを含めて重かったのです。で手持ちの700cホイールに変えるためVブレーキに変えました。

2回目:Vブレーキから標準discブレーキに戻す。 700cディスクホイールを手に入れたのでdiscブレーキに戻しました。discブレーキの効き味が何とも言えず安心できるのですね。

3回目:標準discブレーキからVブレーキへ。 avid bb7のブレーキパッドが軽く引きずってしまいます。緩めるとブレーキレバーの遊びが大きくなって利きが悪くなります。このパッドの調整がなかなか決まらずに再度Vブレーキにしました。

4回目:再度Vブレーキから標準discブレーキに戻す。 パッドを両側から締め付けるタイプのTRP - Spyre 機械式ディスクブレーキが見つかったので、手に入れて交換しました。


DiscDisc_2









調整は簡単で利きは良い。安価である。と、良いことずくめでした。
機械式としてはおすすめです。





5.クランクセット

Shimano105 トリプルクランクセット(50-39-30)からFSAカーボンクランクセット(42-28)に変えました。
もうアウターは42歯で十分とおもったので割り切りました。

商品説明では602gと超軽量で楽しみにしていたのですが。手に入れて測ってみると実測718gでしたangry
まあ安かったのでおかしいとは思いましたが・・・。


Photo_3









その他にペダル、シフター、チェーンを替えています。



こう書くと、フレーム以外は、ほぼ全て入れ替えているようです。

最終的な重量はまだ測定していませんが、おそらく12㎏前後と推測します。もっと軽くなっても良いのですがね。


今日現在で不具合箇所1か所とグレードアップしたいコンポがありますが、しばらくこのまま乗ってみるつもりです。

リカンベントって本当に手がかかるものですねcoldsweats01







ではでは またpaper


























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トライクに旗を立ててみました(笑)

2017年7月29日(土)


ほぼ4年ぶりでしょうか。トライクに旗を立ててみました。

千葉県は東葛方面を牛耳る親分に「旗を立てろや!(怒)」 とすごまれて、やむなく立てました。
本当は旗はきらいなのですがね、親が黒といえば白いものでも黒と言わねばならないこの世界(笑)


以前は旗を含めていろいろな吹き流し?を付けていました。
スピナーやボンボン、鯉のぼりその他。
スピナーや鯉のぼりは速度が上がるとポールに絡んだり、旗は空気抵抗が大きくて下りではスピードが上がりません。

で、さいきんはポールの上部にリアライトを点滅させていました。




今回は旗の下にリアライトを点滅させています。

Kc4506382

ポールはもう少し長い(高い)ほうがバランス的に良いのかな、と思いますがどうでしょうか?








14


2週間前に富士スバルラインを下った時の状態です。






いずれも釣竿をポールにしており、釣竿ポール2本目(2代目)です。

まだ何となくバランス(かっこ)が悪いですね。少し試行錯誤してみます。






ではでは   またpaper






| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

富士スバルラインから新松田までトライクツーリング

平成29年7月17日(月)
性懲りもなくまたまた富士スバルラインをリカンベント・トライクで下ってまいりました。富士スバルラインを降りてくるのは3年連続の4回目です。


1回目:大月から輪行で帰宅しました(トライアルでした)
2回目:山中湖から道志みちで府中本町まで。
3回目:河口湖から若彦トンネルを抜けて甲府駅まで。


で4回目の今回は、山中湖~三国峠~明神峠を経て小田急・新松田駅まで

Photo_4

  https://yahoo.jp/t1ttjP





今年は富士宮口五合目を目指したかったのですが、富士宮からの登山バスが路線バスを使用しているようで見合わせました。

高速バスは荷物室があり、トライクが積み込めるので楽なのですが、路線バスは車内に持ち込まねばなりません。

車内が空いていればなんとかなるのですが、混んでいるときには他の人の大迷惑となるので気が引けます。そのあたりの状況が見えなくて、止む無く従来どおりのスバルラインに決めました。


今回は「コロ」を手作りしてトライクを転がして移動したので、輪行が劇的に楽になりました。関西方面ではアウトかもしれませんが、JR東日本は寛容で助かります(汗


Jr_4電車内です。先頭車両前部に置きました。
新宿でバスターミナルへの乗り換えは新南口なのですが、新南口は後部車両からさらに延々とうしろ方面になりますので、先頭車両から延々と転がして移動しました。でも楽々でしたね。





Photo_5


新南口を振り返る。







Photo_6


バスターミナルへの直通エスカレーター。







4_2



6時45分発(始発)に乗り込みます。









Photo_7

バス荷物室に積み込みます。
荷物室はあまり混みませんが、念のため真っ先に積み込みます。コロが右側に見えています。






6_2


バス車内表示。







Photo_8

高速出口に近づくころ富士山が見えてきます。五合目付近は雲がなく楽しみです。








5_2

5合目です。ほぼ9:00と予定(9:20)より早めに到着しました。
あまり人目のつかない場所で組み立てを始めます。






Photo_9


組み立て場所から麓を見渡します。山中湖が見えます。








10
望遠で山中湖を望みます。
4回目で初めて下界が見渡せました。
昨年は雲海の中をびしょびしょに濡れながら下り、カメラも濡れて動画が撮れませんでした。








11_3


組みあがりました。







組み立て途中に中国人と思われる人たちにジロジロ見られました。
毎年そうですが、本当に厚かましいのですね。筆者の顔にくっつけんばかりに顔を近づけてきます。筆者の腕がぶつかりそうになって作業がやりにくいです。プンプンangry


9時46分ダウンヒル開始です。

ダウンヒルの様子は動画でご覧ください。


富士スバルライン ダウンヒル
https://youtu.be/Vi9Zs4keUVQ





12_2

山中湖から富士山を望む。
ダウンヒル中は涼しくて快適なのですが、ここまで降りるとやはり暑かったですね。







13_2

山中湖から三国峠に向かって50mほど上がったところの「気まぐれキッチン」で昼食をいただきました。
お米は100グラムとまあ小食なことcoldsweats01







14_2


三国峠手前です。気持ちの良い景色ですね。







15_2


三国峠を過ぎて振り返ったところ。








三国峠から駿河小山まで
https://youtu.be/XK_SdkvTmEQ






16_2

明神峠を下っています。
路面は荒れていて暴走族のたまり場らしく、タイヤ跡が無数に付いています。





明神峠からは全体的に下り基調です。国道246号が走りにくかったですが、距離も数キロでしたので、なんとか乗り切れました。




駿河小山から新松田まで
https://youtu.be/8W-2QQtmwC8



17_2

小田急・新松田に到着しました。

14時24分でした。
昼食や休憩を入れて4時間40分ほどのサイクリングでした。





輪行姿にパッキングしてから軽い食事を摂り帰宅の途につきました。



筆者のこの頃は、孫娘の世話に明け暮れて、走り込みが全くできていませんでした。
体力的に心配でしたが、前回の甲府駅までのルートより上りが多かったにもかかわらず、今回の方が体力的にはずっと楽でした。「コロ」の恩恵があったのかな?


もう恒例の、と言った方が良いかもしれません。来年は富士宮口までぜひ行ってみたいと思います。








ではでは またpaper
























| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2017年8月 »