« 光り輝く東京湾 | トップページ | 養老渓谷ポタ(2014年 走り染め)計画 »

心からご冥福をお祈りい申し上げます。

本年の年賀葉書の受付が昨日(12/15)から始まりました。

我が家は既に書き終わろうとしていますが、その最中に喪中葉書が1通届けられました。
最近受け取る喪中葉書は、知人のご両親や祖父母様のご不幸に関してがほとんどでありますが、今回は知人が他界され、ご令室様からの葉書でした。

いつもと違ってとても悲しいです。


知人とはヨット仲間でした。
同じヨットに同乗することはなかったのですが、筆者の師匠のヨットにお手伝いで乗り込んで、同じルートを2艇仲良くクルージングしたものです。

寄航先ではお定まりのコースとなります。
まず銭湯に入り、その後は近くの飲み屋さんで飲み始めて、ヨットに戻ってからは2次会で深夜まで飲みながら語り明かします。

年齢は2歳年上ですが、ほぼ同年代であり持病も似通っておりました。
闘病中ということは毎年の年賀葉書でお互いわかっておりました。 
この2年ほどは体調の様子を見ながら奥様と旅行に行かれている様で、その仲の良さは微笑ましくも羨ましく思っておりました。

その知人が少し前にお亡くなりになりました。 なのでとても悲しいのです。



昔クルージングしたときの写真が見つかりましたので、当時を思い出しながら故人を偲びたいと思います。


Photo
房総半島先端で外房の布良(めら)港にて。
後列中央がお亡くなりになられた方(奥〇さん)です。
この写真は古いです。20年程前と思います。



このときは布良港に船を停めて、高台に10分ほど歩いた温泉(薬師温泉)の露天風呂につかり、帰りの道すがら魚屋さんで刺身を手に入れて、船内で宴会が始まりました。
この布良港は2回ほどしか寄港していません。 漁協の漁師さんがとてもガラが悪いのです。 ほぼ田舎の893屋さんとしか思えませんでしたcoldsweats01


Photo_2


筆者の師匠(左)と筆者。
その師匠も10年ほど前にお亡くなりになりました。

たぶんあの世で奥〇さんとヨット談義をしているものと思います。



心からご冥福をお祈り申し上げます。











ではでは 合掌think



|
|

« 光り輝く東京湾 | トップページ | 養老渓谷ポタ(2014年 走り染め)計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かめちゃん、最近つくづく思うよ。
この世の知り合いと、あの世の知り合いじゃ、おいらを慈しんでくれた人はあの世の方が多いんだ。
優しくしてくれたおばさんやおじさんや、おいらの婆様や爺様やお袋やオヤジも、そそ、熊沢だってあの世に住んでる。
有名な歌手や役者も多いよね。
あの世はキット楽しいに違いなかろうと、『楽しみなんだな』とか思ったりしてる。

生きていて年を重ねると、段々と親しい知り合いは減って行く。
連れ合いや兄弟もそうだよね。
するってぇ~と、案外未練を捨ててきれいさっぱりおさらばする方が楽なのかな、楽しいのかな。 なんて思うことあるよ。
その先輩はおいらは知らねぇが、きっとあの世で会いたかった人に合ってるさ。
悲しがる以上に楽しんでいるんでないかえ。

投稿: B | 2013年12月16日 (月) 19時30分

そそ また懐かしい面々に会えると思うと楽しいものさ。
そう思い切れれば悟りの境地ももうすぐそこさ。

業務連絡! 忘年会28日になったんだって?
〇埜氏からさっき連絡があった。

投稿: かめまる | 2013年12月16日 (月) 19時55分

倉さんもかなりいい加減なヤツだねぇ~(^^;
吉野さんが日曜日じゃどこもやって無い(Bがこないだ呑んだとこは日曜が休み)からと言ったら、土曜日になったらしい。明日、その平九朗へ電話して見る。 予約が取れるかどうかね。

投稿: B | 2013年12月16日 (月) 21時39分

ハハハ そんなに押し詰まってからではなくて、もう少し前倒しして欲しいんだけどね。
ま、皆さん事情があるようなので・・・って言うか、今回は〇埜氏が人恋しくなって自分から声をかけているようなんだが。
予約取れると良いね。

投稿: かめまる | 2013年12月17日 (火) 06時19分

で、かめちゃんどうすんだい?
ブログで南房ポタ企画しているけど・・・・・・
ま、いろいろ忙しいだろうからね。

投稿: B | 2013年12月17日 (火) 22時00分

あっ そうだ 忘れてた(汗
正月は娘夫婦も我家に来られなくなったようなので参加させていただこうかな。

投稿: かめまる | 2013年12月17日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/58767184

この記事へのトラックバック一覧です: 心からご冥福をお祈りい申し上げます。:

« 光り輝く東京湾 | トップページ | 養老渓谷ポタ(2014年 走り染め)計画 »