« Boardmanというバイク | トップページ | しまなみ海道サイクリング(尾道~今治へ) »

秩父へ行ってきた

埼玉県のチベットと言われる秩父に行ってきました。

「そうだ 秩父に行こう」というキャッチフレーズ?につられて、思いつきで前夜にあわてて準備をし、翌朝始発に飛び乗りました。
準備に手間取り、就寝が0時を回って1時近く、起床は4時なので、体に悪い寝不足となってしまいました。



Photo_7


ルートです。









1
二子玉川駅着06時05分
バイクを組み立てて兵庫島公園に乗り入れる。





Photo
二子玉川駅方面を望む。
逆光で良くわからんですねcoldsweats01




ここから多摩川沿いの車道をひたすら北上し、青梅市のコンビニ「ファミリーマート海田岩蔵街道店」でおにぎりを買って食べます。
同じルートを走る2人組みの方と少し談笑の後、二人の後に途中まで付けさせていただきました。

Pc12
名栗村を走ります。この先第一関門の山伏峠がありますが、お二方とは峠の入り口の手前でお別れします。




山伏峠は筆者にはきつかったですね。Q-Ringとは言っても50T-25Tではところどころ踏み切れませんでした。
踏み切れないとは言っても、小休止するとグイグイ上れるので、それまでの上りで脚を削いでしまっているのでしょう。スタミナ不足です。

追加:帰宅後早速チェーンリングを付け替えました。一時的な対応です。
    アウター:53T(標準)  インナー:39T(Q-Ring)



肝心の山伏峠の辺りではヒイヒイ言わしていましたので写真を撮る余裕はありませんでした。 また、下りに入ってからはアウタートップでグイグイ踏み込んで原チャリと張り合っていましたので、これまた写真は撮れませんでした。
うーーん 心の余裕が無いですねぇthink




秩父市の入り口の横瀬町に兄が住んでいます。 通りがてらちょっと訪ねましたが玄関で声をかけても誰も出てこられないので、諦めて程近い姉の家に向いました。

姉宅でお茶とお和菓子(疲れた体は甘いものを欲しているのでパクパクいただきました)をいただいている間に、姉から連絡を受けた兄が会いに来てくれました。

筆者の体調を心配して詳しい状況を聞きたいとのこと。 いろいろと心配やアドバイスをしてくれる諸兄にはホントに頭が下がります。ありがたいこってすcrying

Photo_2Photo_3
3人で昼食に訪れた坂本庵。天ぷら蕎麦がおいしゅうございました。




Photo_5
発つ前に姉と記念撮影。 シャッターは兄が押しています。
この後秩父を後に定峰峠に向います。




定峰峠は一定の斜度が続く、比較的脚に優しい峠道です。 少しきついところもありましたが、休むダンシングを多用して凌ぎました。 ダンシングしているとお尻が痛くなりましたが、これってまともなダンシングに近づいてきたのでしょうか?

この”休むダンシング” 人によってはリラックスダンシングと呼んでいますが、これほど効果があるとは初めて実感しました。 も少し真面目に取り組まなければと思う次第です。



Photo_4
第二の関門の定峰峠です。10人くらいのローディーが来ていました。
ドリンクを求めに茶屋に入ると、「今日は車と自転車の大きな事故があったから気をつけてね」と声を掛けられました。



追加:定峰峠のパノラマ景色
Photo_8
この右側に茶屋があります。





この定峰峠から東秩父村に向って下りますが、木々の中の涼しい下り路を飛ばしますので、かなり体を冷やします。 冷えると以前痛めた右肩が痛みだしてきましたので、これからは肩当を考えないといけないと思いました。


この後、東秩父村~小川町~ときがわ~日高~毛呂山を通って飯能まで走りました。
飯能着16時20分。 秩父から55km。

山伏峠と定峰峠もきつかったですが、この東秩父村から飯能までがほぼ向かい風で、疲労が蓄積している状況では、峠以上にきつかったです。上りも結構ありましたので。



16時40分の西武線所沢行きに乗り込み、秋津で武蔵野線に乗り継いで19時に帰宅しました。

走行:150km
走行時間:7時間40分
獲得標高:約1500m





久しぶりのロングでした。この程度走ると翌日は筋肉痛に悩まされるのですが、今回はどう言う訳かさほど痛みません。 リカバリタイツが効いているのかな。



ではでは またpaper








|
|

« Boardmanというバイク | トップページ | しまなみ海道サイクリング(尾道~今治へ) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

まいったまいった
どうしたらそんなに坂に強く成れるの?
山歩きより自転車にはコツがあるのかね。
かなりの坂馬鹿状態じゃん。
もう付いてけないよーーー

投稿: B | 2013年9月30日 (月) 19時52分

正直、山伏峠には参りました。坂バカには大した上りでは無いんだろうけど、いかにしてもインナー無しなんてお笑い者ですね。貧脚のくせにcoldsweats01

早速インナー着けて今朝はご近所ちょい坂コースを走ってきたが、インナーって軽いのなんのってscissors
今週土曜にリベンジしてくる予定・・・・天気が良ければね。

投稿: かめまる | 2013年9月30日 (月) 21時15分

ほれ見ろ。 やはり賓客だなんて。 正に慇懃無礼状態ちゅーか。

それにしても、痩せってそんなに軽いのかね。

まぁ昔から足腰は丈夫だったが、おいらより、一回りだけ強かったに過ぎないが、今は倍は違うな。

なんでそんなに強くなっちまったんかね。

大して走り込んでもないようだが・・・・・・・・

わかんねぇ~なぁ。

減るものじゃないから、コツを教えてくれぇ。

投稿: B | 2013年9月30日 (月) 22時07分

技術的なことはよくわからんので自転車雑誌でもめくって下され。

先日、トライアスロンの雑誌で世界のトッププロが言っていた。
「苦しさに耐える能力」が重要と。 ヒルクラにも通じると思うんだ。
自転車雑誌ではペダリングとかフォームとかの技術的な記事ばかりなので、このようなトッププロの言葉は新鮮だったことを覚えている。

今回の定峰は10km以上の上りだが、よくまあ足つきもせずに上りきれたと思っている。 何度も休みたかったが堪えているうちに上りきれた。
山登りと一緒で、苦しさに耐えると(慣れると?)楽しみ広がるよhappy01

投稿: かめまる | 2013年9月30日 (月) 23時41分

お疲れさまでした~!
良くまぁ・・150kとは驚きですよ!(~o~)
それにしても身体無理のし過ぎと思いますが?
今日は雨で中止でしょうか。

体力の消耗は程々にお願いしますね。
久々で嬉しかったです、いつでも気楽に立ち寄って下さい。
お待ちしています。

投稿: shizu | 2013年10月 5日 (土) 16時08分

shizuさま
突然思い出したように秩父を訪れましたが、このときは調子が中々良かったようです。お蕎麦ご馳走様でした。

今日は先ほど帰宅しました。朝から大雨にたたられて散々な目に会いました。続行不可能と判断し、横瀬にへたり込みました。
ご夫婦に大変お世話になりました。
反省点は多々ありますが、又寄らせてくださいなhappy01

投稿: かめまる | 2013年10月 5日 (土) 16時38分

なんど行ってもいいけどさー、昔から無茶が大好き、無謀が大好きのマイペース爺さん(昔は爺さんではなかった)だからね。

投稿: B | 2013年10月 6日 (日) 23時23分

計画的行動と言って下さいな。
少し予定が狂ったが。ナハハハhappy01

投稿: かめまる | 2013年10月 7日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/58286557

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父へ行ってきた:

« Boardmanというバイク | トップページ | しまなみ海道サイクリング(尾道~今治へ) »