« 新調しました、ペダルとシューズ。 | トップページ | 今日の19階からの展望(平成25年8月15日編) »

さようなら 千葉ピナッツボウル1015

千葉が誇るオールディーズ・ライブハウス「PEANUTS BOWL 1015」が26年余に渡る営業に幕をさげることとなりました。閉店日は9月7日(土)です。

筆者は開店1年後に初めてお店を訪れましたので、途中波がありましたが25年に渡って楽しませていただいたことになります。39才位の時なので中年の思い出が詰まってるお店でもあります。

席に座ると筆者のボトルが何も言わずにロックグラスやアイスと共に出てきます。
このお店のロック氷は粉が吹いていて、ロックウィスキーが絶妙に美味しいのです。
本当に居心地の良いお店でしたので残念でもあります。



今月の通信誌「HOTPRESS」から

PhotoPhoto_2













Photo_3Photo_4

左頁の名物オーナー中島さんの挨拶が泣けます。仕事で落ちこんで飲んでいると、様子を察した中島さんが寄ってきて、叱咤激励されたものです。
元気の素をいただいて帰宅することが多々ありました。







今夜はいつもの飲み友、シゲりんさんと待ち合わせです。もしかしたら最後の夜になるので、シゲりんさん元職場の同僚嬢と、筆者の元職場の女性陣も途中から同席してくれました。

Photo_5


演奏前のステージです。



K


シゲりんさんとK村嬢。



Photo_6


ステージ開始です。バンドはバズ・バズ・バズと歌姫はアイリちゃんです。


Photo_7


アイリちゃんは筆者は初めてです。って最近は年に1-2回しか通わないので、初めての歌姫が多いです。
とってもチャーミングな歌姫でしたよ。








3
少し遅れて筆者の元職場の3人娘が駆けつけてくれました。
ホントに明るい子達ですので一気に盛り上がります。






Photo_8Photo_9
2ステージ目にはお誕生祝いがありました。
ナント8歳の女の子でした。大笑いです。
パパも呼ばれて壇上に上がります。




この後、3ステージ目のテキーラタイムで客席は更に盛り上がって、フロアーは踊る人手満員状態でした。

筆者たちは3ステージまで楽しんでから退店しました。


閉店まで未だ20数日あります。
もしかしたら突然に筆者一人で訪れて、一人感慨にふけるかもしれません。




ではでは またpaper










|
|

« 新調しました、ペダルとシューズ。 | トップページ | 今日の19階からの展望(平成25年8月15日編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/57997595

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら 千葉ピナッツボウル1015:

« 新調しました、ペダルとシューズ。 | トップページ | 今日の19階からの展望(平成25年8月15日編) »