« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

今日の19階からの展望(平成25年8月29日編)

今日は2週間前に受けた検査の結果を主治医からお聴きする日でした。

いつも待合室で家内と冗談を言いながら、不安を紛らわすように明るく過ごすようにしています・・・が、今日は待たされすぎて最後にはウトウトする始末でした。2時間も予定時間を過ぎているんですよpout

前の診察の方が1時間近くも診察室から出てきません。待合室では笑顔を絶やさなかった付き添いの娘さんが、診察室から出てきた時には涙ぐんでいました。お察し申し上げます。


私の結果は・・・・・・ウーーーンthink ウーーーンcatface
なんだか急に血液検査のある項目が悪化したようでした。何年も落ち着いていた値がこの3ヶ月の間に急激に上がったのが信じられず、きゅうきょ再検査をすることとしました。

そんなこんなで4時間半も院内にうろうろして、家内ともども大変に疲れた一日でした。



1_2
19階の食堂では久しぶりに窓側の席に座りました。







2
今日の注文も前回と同じく特選にぎり寿司御膳です。
このお寿司とお蕎麦と






3
もう一つホットケーキを注文して家内とシェアしました。

でも筆者はホットケーキを1枚の半分しか食べられませんでした。
ずるいよカミサンはangry






いつもはデパ地下で買物を済ませてから帰るのですが、今日は疲れて一目散で帰りました。


まだまだ旅は続きます。 ではでは またpaper








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

セラミックベアリングを再交換しました(BB30)

筆者のバイクはクランク軸(ボトムブラケット=BB)がBB30規格でできています。
このBBは左右一対の6806規格のベアリングで支えられており、今までは一般品の鋼球で出来ているベアリングを使いました。

このベアリングが2週間前に異音を出し始めたので、ベアリング交換を準備しました。
せっかくなので、少しでもペダルの回転を軽くしたい為に、今回はセラミック製のベアリングを注文しました。

しかし、ベアリングの専門家によると自転車のペダル程度の低回転ではほとんど意味が無いと言われます。
うーーん でも鰯の頭も信心というか、溺れる者は・・・・で少しでも楽をしたいのですねcoldsweats01


注文したのは、セラミックベアリングと取り付け用工具です。

Photo

上がBB取り付け用ツール。
バイクハンド YC-25BB-30A プレスフィットBB取付け用ツール (BKH-G-YC-25BB-30A)

下がEnduro Ceramic Bearing Kit BB30 6806。





今後も何回か取り替えるかもしれないので、取り付け用に工具を求めました。
さすがに取り付けはあっと言う間に簡単に出来てしまいます。
この工具とベアリングは8/10に注文したものが昨日やっと届きました。お盆休みもはさんではいたのですが、待ちくたびれましたね。


不調であった前後ディレーラーの調整も済ませて小一時間近所を走ってきましたが、ペダル重いっすcoldsweats02
2週間乗っていなかったツケが脚に来たようですweep


でも、前後の変速の具合も良くなったので、また朝練を再開したいと思います。
うぐいすラインは早くても来週かな。









ではでは またpaper












| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

今日の19階からの展望(平成25年8月15日編)

昨日は定期検査の日でした。

検査自体は2箇所で行われ、待ち時間やら会計を済ませても2時間程でおわりますのでお気楽ではあります。

いつも朝食抜きで検査を受けるので、会計が済むと速攻で19階のレストランに向います。
今日は13時30分頃にレストランを訪れたのでほぼ満員の状態でした。



まずは19階の展望です。相も変わらずの景色ですねcoldsweats01
今日は猛暑の最中ですが、大気は比較的に澄んでいるようです。


PhotoPhoto_2







今日の注文は特選にぎり寿司御膳、1980円也。
ちょっと奮発してしまいましたが、なかなか見た目も味も美味でした。食後のコーヒーも頼みましたので合計2080円也。

Photo_3Photo_4









時々サイクリングに一緒に出かける無邪気Bさんたちは、今日は10人ほどで海鮮丼とカキ氷を食すポタリングに出かけていますので、対抗心むき出しですねcoldsweats01



この後、銀座三越と日本橋高島屋のデパ地下で買物をして帰りました。
最近の猛暑の日には日中を避けて外出していますので、3-4日前に比べると幾分温度が下がったとはいえ、結構身体にこたえます。


今日の検査結果は2週間後にわかります。
当日が近づくと次第に心がブルーになっていきます。
まだ悟りが開けていない自分が情けないですが、良い方法は無いでしょうかね?






ではでは またpaper
















| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

さようなら 千葉ピナッツボウル1015

千葉が誇るオールディーズ・ライブハウス「PEANUTS BOWL 1015」が26年余に渡る営業に幕をさげることとなりました。閉店日は9月7日(土)です。

筆者は開店1年後に初めてお店を訪れましたので、途中波がありましたが25年に渡って楽しませていただいたことになります。39才位の時なので中年の思い出が詰まってるお店でもあります。

席に座ると筆者のボトルが何も言わずにロックグラスやアイスと共に出てきます。
このお店のロック氷は粉が吹いていて、ロックウィスキーが絶妙に美味しいのです。
本当に居心地の良いお店でしたので残念でもあります。



今月の通信誌「HOTPRESS」から

PhotoPhoto_2













Photo_3Photo_4

左頁の名物オーナー中島さんの挨拶が泣けます。仕事で落ちこんで飲んでいると、様子を察した中島さんが寄ってきて、叱咤激励されたものです。
元気の素をいただいて帰宅することが多々ありました。







今夜はいつもの飲み友、シゲりんさんと待ち合わせです。もしかしたら最後の夜になるので、シゲりんさん元職場の同僚嬢と、筆者の元職場の女性陣も途中から同席してくれました。

Photo_5


演奏前のステージです。



K


シゲりんさんとK村嬢。



Photo_6


ステージ開始です。バンドはバズ・バズ・バズと歌姫はアイリちゃんです。


Photo_7


アイリちゃんは筆者は初めてです。って最近は年に1-2回しか通わないので、初めての歌姫が多いです。
とってもチャーミングな歌姫でしたよ。








3
少し遅れて筆者の元職場の3人娘が駆けつけてくれました。
ホントに明るい子達ですので一気に盛り上がります。






Photo_8Photo_9
2ステージ目にはお誕生祝いがありました。
ナント8歳の女の子でした。大笑いです。
パパも呼ばれて壇上に上がります。




この後、3ステージ目のテキーラタイムで客席は更に盛り上がって、フロアーは踊る人手満員状態でした。

筆者たちは3ステージまで楽しんでから退店しました。


閉店まで未だ20数日あります。
もしかしたら突然に筆者一人で訪れて、一人感慨にふけるかもしれません。




ではでは またpaper










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新調しました、ペダルとシューズ。

先月6月23日に無邪気Bさんと「鹿野山と嶺岡林道 」を走ってきましたが、嶺岡林道への取り付き(コスモクラシックGCの入り口)の急坂が上りきれず、1回足着きをしました。脚力も無くなり、息も上がって、それはそれは苦しい上りでした。

これに懲りて、少しでも楽に上れるように機材の軽量化を図ろうと思い、第一弾としてペダルとシューズを新調したので紹介します。



まずはペダルです。

Time - Xpresso 12 チタン/カーボンペダル

1




製品説明は難しい内容がいろいろ書かれていますが、良くわかりませんsmile

気に入っている点は、①軽い(155 g/ペア) ②膝に優しい(左右に+/-5°動く) ③僅かだが効率的に踏み込める(Q-Factor が小) の3点です。

ペダルを換装しての漕ぎ出しで 軽い!! とうれしい驚きがありました。
さすが前のペダルに比べて半分の軽さです。
でも、少し走っていると慣れてきて、ありがたみが薄れてきますねcoldsweats01


欠点は高価である事とブラインド・キャッチが難しいことです。
他の多くのペダルが自動的にキャッチしやすい角度に戻ってくれるのですが、このXpresso12ペダルは外した状態を保持したままクランクとともに回ります。
最初のうちは毎回目で見て確認しながら踏み込んでいました。
考えてみれば、次にキャッチしやすい位置・角度でリリースすれば、次に一回転してまた同じ位置に戻ってくるのですね。 ボケ老人の筆者はやっと気づきました。 現在はブラインド・キャッチ率が向上していますscissors

次はシューズです。

LAKE CX330C 
(このシューズは軽量化の為に調達したのですが、筆者の薄学のために軽量化には至りませんでした・・・恥ずかしハズカシ)


3_lake






このシューズの一番の特徴で良いところは、ワイヤーでホールドするシステムです。
BOA レーシングシステムですね。

踵(かかと)の後ろのダイアルを回すと、甲に張られているワイヤーが足の甲を均等にホールドします。踵もホールドしてくれるので、足と靴の一体感は抜群ですscissors
ダイヤルを引くとワイヤーがフリーになります。

ダイヤルを回すと、しゅわっと優しく、それに均等に甲を締めてくれるので、すぐに気に入ってしまいました。

欠点と言うか少しだけ不満は、クリートカバーは純正品が無く、やむなく社外品を調達しましたが、硬くて使いにくいことです。 輪行ツーリングの時はSPDシューズに戻そうかと思っています。

なお、このBOAシステムですが故障したときの心配がありました。しかし、調べてみるとアジア地区 セールス&マーケティングオフィスというのが、我家の近くにありました。
ポタリングルートの脇でもありますので、いざと言う時には少し安心ですね。

アジア地区 セールス&マーケティングオフィス
 〒261-7102
 千葉県千葉市美浜区中瀬 ワールドビジネスガーデン マリブウエストタワー2F



ペダルの項で書きましたQ-Factor が小さい件ですが、クリートの付け方で僅かながら調整できます。 画像はクランク側に寄せたところです。クリートのネジ穴のガタでもう少し寄せられますが、ほぼ限界かな?


4_qfactor_3



足長の人はあまり影響がないのですが、筆者のような典型的短足では影響はバカにできませんcoldsweats01









ヒルクライムを楽にするためには、総重量(自転車+体重)を軽くするか、脚力を鍛えるかですが、筆者の体重はほぼ下限の限界近い痩せ型です。
これ以上絞るのは無理があるため、機材の軽量化をボチボチやっていこうかな、と考えているところです。 でも軽量化って泥沼の世界なんですねpout

ある掲示板によると、筆者の身長/体重比は、ヒルクライムにうってつけのようなのです。
あとは心肺機能と脚力を鍛えれば鬼に金棒なのです・・・が、縮み代は腐るほどあるが、伸び代はほとんど期待できませんcrying 悲しや悲しや・・・。




軽量化の切り札がまだ控えておりますが、機材にばかり頼っているだけでは悲しいので、も少し脚力を鍛えてから投入しようと思っています。










ではでは またpaper














| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »