« ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 | トップページ | BB30のベアリング交換しました。 »

輪行で山梨まで。

5月連休の後半を利用して、無邪気Bさんと山梨の先輩宅を訪れました。

Bさんは腹下しが治まったばかりの病み上がりで、筆者も風邪が治りかけで体がなまっています。
一応計画は立てたのですが、体調次第で変更も充分考えられます。


1

5月4日(土)07時30分 江戸川に架かる行徳橋の北詰で待ち合わせです。
後方の橋が行徳橋で、左方向が浦安・東京方面です。




築地本願寺から築地市場の前を通り、三田に出て慶応大学を右に見て道なりに走り、目黒通りに入ります。
目黒通りをひたすら走ると多摩川に突き当たります。

二子玉川から多摩川右岸に渡り、多摩川サイクリングロードを走りますが、丁度この辺りから路面があまりよくありません。Bさんは大変不満な様子です。


多摩サイの右岸を遡っていくと多摩川原橋に出ます。予定では尾根幹線道路を通って橋本から津久井湖に向うのですが、筆者の体調が良くないために、予定変更して高尾を目指します。


Photo Photo
府中四谷橋の西詰です。ここから淺川サイクリングロードに入ります。





Photo_2 Photo_3
写真撮影で遅れてきたBさん。








Photo_4
高尾駅。






Photo_5
Photo_2
駅前でパッキングしてホームで電車を待ちます。








Photo_3
約1時間ほどで甲斐大和駅に着きました。ここは笹子トンネルを山梨側に抜けたところです。ここでバイクを組み立てて甲府市内に向います。



追補:ここから甲府盆地に向けて長い下りをかっ飛んでいくわけですが、BさんのSHAMALは転がりが半端無いほど軽いcoldsweats02
先を行くBさんが惰性で走っていくのを、筆者はアウタートップで必死にペダリングするが全然追いつかないcrying
筆者のホイールはMAVIC キシエリなのですが、それほどの差があるとは思いませんでした。もしかして筆者のバイクは降ろしたてで当りがまだ出ていないのか、はたまた体重差によるものなのか。
ご参考:Bさんはバイク+荷物+体重=約95kgで筆者同じく65kgほど



Photo_4
桃園の中を走る筆者。なんかニヤけています。




この少し前に、筆者のバイクが異音を出し始めました。 ペダルを回すとカチッカチッっと、ラチェット音のような気になる音がします。
初めはリアデレイラーの不具合かなと思いましたが、調べるとクランク軸(ボトムブラケット)から異音がしています。
このバイクのクランク軸はBB30規格を使用しておりますが、筆者は初めてなので構造が良くわかりません。
やむなくそのまま走って目的地に着きましたが、最後の10kmほどは異音に悩まされました。


目的地である農業を営まれている先輩宅からは車で芦安温泉 岩園館に向います。
先輩とBさんと筆者で旧交を温めます。

翌日は身延から富士市に出て東海道線で帰る予定でしたが、筆者のバイクが心配のため、走行は中止して筆者だけ甲府から輪行で帰りました。



無邪気Bさんは予定通り富士市までのサイクリングを楽しまれたようですので、無邪気BさんのBLOGもご覧になってください。

山梨へ 初日(5月4日)
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/27593718.html

山梨より 2日目(5月5日)
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/27621131.html







ではでは またpaper







|
|

« ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 | トップページ | BB30のベアリング交換しました。 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/57363294

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行で山梨まで。:

« ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 | トップページ | BB30のベアリング交換しました。 »