« I'll be back!!!!! | トップページ | ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 »

放医研(放射線医学総合研究所)恒例の一般公開が開催される。

独立行政法人 放射線医学総合研究所(千葉市稲毛区穴川4-9-1)が施設の一般公開を年一回開催されています。

今年は本日(4月21日)に開催されましたので、見学して来ました。


放医研とは
放医研は、重粒子線を用いたがん治療研究や、生体における分子レベルの異常を画像化する分子イメージング研究を中心とした「放射線の医学的利用のための研究」と、万が一に備える「放射線安全・緊急被ばく医療研究」を2つの柱として様々な研究を遂行しています。
とのことです。


1 Photo


実は、この施設は商用で何回も訪れたことがあります。
しかし、訪問先が事務棟であったり、ご担当教授の研究室であったりがほとんどで、その他の施設には足を踏み入れていませんでした。

我が家に比較的近く、買物にも頻繁に訪れる街ですので、夫婦連れ立って買物がてら見学してまいりました。


Photo_2
受付を済ませて中ほどを歩きます。
前に見えるは重粒子医科学センター病院です。
ここを左に行くと、第一目的の新治療研究等があります。






Photo_3
新治療等の治療室です。ダミー人形が置かれています。






Photo_4 Photo_5

説明パネルです。良くわかりませんcoldsweats01







11himac

次の目的はHIMACです。左の冊子はこの日のためのもので、わかりやすく書かれていますが、放医研のホームページには載っていませんでした。
イオウビームを円形の加速器の中で加速し、最終的には光の速さの80%のスピードまで達するそうです。









Photo_6 Photo_7

天井を見上げると円形の様子がわかると思います。







Photo_8
新治療棟とHIMACを見学したらほぼ目的を達しましたので、出口に向います。これから駅ビルで買物をしてから帰宅します。



本日は冬に戻ったような寒さと、強い雨が降っていました。それにもかかわらず、見学の方で多数訪れて混雑していました。 家族連れや若いカップル、大学生と思われるグループ等小さいお子さんも多かったですね。スタンプラリーの景品が楽しみだったのかもしれませんhappy01


詳しくお知りになりたい方は放医研のホームページをご覧になってください。



ではでは またpaper



追伸・・・書き溜めていたネタがたくさんあるのですが忙しくてサボっています。
おいおい備忘録としてUPしていきます。










|
|

« I'll be back!!!!! | トップページ | ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

土木研究所が放医研になって久しい。
おいらのお寺の近くだし、恩師の京葉工業のとなりでもあるし。
緊密な御縁はないが、希薄な御縁の糸は色々とある。
サイクロトロンで加速した粒子をぶち当てるのと、単なる放射線治療とどう違うのか良く分からん。 分からんが放射線治療はビームを絞るのが大変そうだが、最近はガンマナイフなんてのもある。
重粒子は・・・・・・・・・・・・・・・・
なんなんだか分からんがなんか良さそうな気がするのだが。

投稿: B | 2013年4月22日 (月) 20時41分

メカ好きのワシは面白かったよ。メカメカしていてcoldsweats01
重粒子はツボにはまれば有効と思うがね。

投稿: かめまる | 2013年4月23日 (火) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/57219665

この記事へのトラックバック一覧です: 放医研(放射線医学総合研究所)恒例の一般公開が開催される。:

« I'll be back!!!!! | トップページ | ロードバイク2号車(Boardman SLR 9.2)プチデビューしました。 »