« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

放医研(放射線医学総合研究所)恒例の一般公開が開催される。

独立行政法人 放射線医学総合研究所(千葉市稲毛区穴川4-9-1)が施設の一般公開を年一回開催されています。

今年は本日(4月21日)に開催されましたので、見学して来ました。


放医研とは
放医研は、重粒子線を用いたがん治療研究や、生体における分子レベルの異常を画像化する分子イメージング研究を中心とした「放射線の医学的利用のための研究」と、万が一に備える「放射線安全・緊急被ばく医療研究」を2つの柱として様々な研究を遂行しています。
とのことです。


1 Photo


実は、この施設は商用で何回も訪れたことがあります。
しかし、訪問先が事務棟であったり、ご担当教授の研究室であったりがほとんどで、その他の施設には足を踏み入れていませんでした。

我が家に比較的近く、買物にも頻繁に訪れる街ですので、夫婦連れ立って買物がてら見学してまいりました。


Photo_2
受付を済ませて中ほどを歩きます。
前に見えるは重粒子医科学センター病院です。
ここを左に行くと、第一目的の新治療研究等があります。






Photo_3
新治療等の治療室です。ダミー人形が置かれています。






Photo_4 Photo_5

説明パネルです。良くわかりませんcoldsweats01







11himac

次の目的はHIMACです。左の冊子はこの日のためのもので、わかりやすく書かれていますが、放医研のホームページには載っていませんでした。
イオウビームを円形の加速器の中で加速し、最終的には光の速さの80%のスピードまで達するそうです。









Photo_6 Photo_7

天井を見上げると円形の様子がわかると思います。







Photo_8
新治療棟とHIMACを見学したらほぼ目的を達しましたので、出口に向います。これから駅ビルで買物をしてから帰宅します。



本日は冬に戻ったような寒さと、強い雨が降っていました。それにもかかわらず、見学の方で多数訪れて混雑していました。 家族連れや若いカップル、大学生と思われるグループ等小さいお子さんも多かったですね。スタンプラリーの景品が楽しみだったのかもしれませんhappy01


詳しくお知りになりたい方は放医研のホームページをご覧になってください。



ではでは またpaper



追伸・・・書き溜めていたネタがたくさんあるのですが忙しくてサボっています。
おいおい備忘録としてUPしていきます。










| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

I'll be back!!!!!

事情により、我が愛すべきリカンベント君達とお別れしましたcrying




Optima_high_baron
Optima High Baron
旗を立てなくても良い視認性を備えたハイレーサーを選びました。
ハンドリングが素直でとても乗りやすいバイクでした。




Catrike_700
Catrike 700
走り屋系のトライクでは一番尖がっています。筆者一番のお気に入りです。
An all-out speed Catrike. Its aerodynamics seating position, fast rolling 700C wheel and high gears, give it a top performance. It is arguably the fastest recumbent trike in the World.  と、メーカーは言っています。





Greenspeed_x5
GreenSpeed X5
輪行(特にバス輪行)目的に手に入れました。折りたたむと小径車なみにコンパクトになり、バスでも断られることは無い・・・・・と、思いますcoldsweats01




どのリカンベントも使用目的に合った最適の1台でした。

これでしばらくはロードバイクを乗り回します。
しかし、筆者は必ず戻ってきます。リカンベントの世界に。


I'll be back!!!!!  I will be back!!!!!




ではでは またpaper









| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日本橋さくら祭りに行ってきました。

2013年4月7日に開催された「日本橋さくら祭り」に行って来ました。




1_omote
 
2_ura_2
お目当てはウォーキング・イン・スペイス を聴くためです。












今回は爆弾低気圧ということで、台風並みの強風が吹き荒れて、JRや地下鉄各路線のダイヤが大幅に乱れ・・・と言うか、途中から動く気配がなく大変な移動でした。

それなりの遅れを想定して家を出たのですが、予想を遥かに上回る遅れで、目的のウォーキング・イン・スペイス(WIS)の出番には間に合いませんでした。

着いたのは出演バンドのトリをつとめるハサンオールスターズのステージ途中からでした。

3_hasan1
ハサンオールスターズ。






4_hasan2
背部からです。この天気にもかかわらず観客で賑わっていました。








5_ushirokara
道路を挟んで撮影。







今回のお目当てのウォーキング・イン・スペイス(WIS)には、ハイファイブ・ジャズ・オーケストラで一時期ご一緒したトランペッターの方がいらっしゃいます。
筆者と同じ年なので短い間でしたが親しくさせていただきました。

筆者はジャズのビッグバンドで活動していますが、実はWISが演奏している系統(ソウル、ブルース、ファンク系)やロックが一番好きだったりしますcoldsweats01
そんな訳で、今回はステージに間に合わなくて大変に残念でした。楽しみは次回に持ち越しですねhappy01





ではでは またpaper










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第24回圓王百席にお邪魔してきました。

落語協会の真打・三遊亭 圓王(さんゆうてい えんおう)さんの第24回圓王百席にお邪魔しました。


日時:2013年3月31日(日) 12時開場 13時開演
場所:お江戸日本橋亭



1_2

無邪気Bさんと待ち合わせのため、日本橋亭の前で待ちます。







プログラムです。
前座・・・・と言うのかな、三遊亭遊王さんと三遊亭王笑さん(2名とも社会人落語家)が努めます。三遊亭遊王さんは元勤務先の同僚です。
ナント! ダンスまで組み入れられています。どう言う寄席なんじゃcoldsweats02

Photo_3 Photo_4










ほぼ定刻の13時開演です。 トップバッターは遊王さん。

Photo_5 Photo_6 
「片棒」を演じました。今日は調子が良いようです。
始めのつかみから演目へと快調に飛ばしました。






Photo_7
王笑さん。「親子酒」を演じました。
二日酔いということでした。その為か酔った様子が見事でしたね。






Photo_8
真打の三遊亭圓王師匠の登場です。
これは1席めの「そば清」ですね。やはり蕎麦を食べる仕草が堂に入っています。休憩をはさんで「花見の仇討」を演じました。
よどみなく話しに引き込んでいく話術は、やはり真打です。






Photo_9 Photo_10
お次はなんと! ダンスチームの登場です。
途中で圓王師匠がボーカルで登場しましたhappy01
数種類のダンスを披露して、圓王百席はお開きとなりました。




本日は本当に大入り満員でした。用意したプログラムは急きょ増刷したとか。
席も足らなくなって増設していました。
無邪気Bさんと筆者は最前列で陣取りました。見上げる位置ではありましたが聞くには良い位置だったのではないでしょうかscissors




Photo_11
日本橋亭を後にします。






Photo_12 10

帰りは食事を約束していましたので、Bさんと丸の内方面に向います。

日本橋亭からすぐの日本橋です。
日本橋中央柱の麒麟(キリン)です。見事です。







11
橋の下を小粋なかわいらしい小船(遊覧船?)が通ります。






Photo_13

東京駅を撮影する無邪気Bさん。
おのぼりさんですね。




このあと丸ビル6F 「旬菜美酒 ななは」で軽くビールと肴をいただきます。 



13

日本橋亭の帰りに遊王さんから頂き物です。
三遊会の手拭と大入り袋です。御縁(五円)がありますように。








やはり、テレビで見ているよりも実際のほうが迫力があって面白いですね。
また御縁がありますように。



ではでは またpaper












| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »