« 墨田公園(隅田川河畔)でお花見しました。 | トップページ | 第24回圓王百席にお邪魔してきました。 »

セグウェイに乗って来ました

場所は千葉県の最南端の遊園地・南房パラダイスです。

Save0033Save0034












この南房パラダイスにて、3月31日までセグウェイの無料ツアーが開催されていたのは知っていました。しかし、筆者の身辺が忙しくなってきて、今回は見送りするつもりでした。
念のため南房パラダイスに予約の確認をすると、明日の10時枠1名のみ空いているとのこと。
朝10時では交通手段が乏しくて一旦保留としました。

しかし、夜中の12時過ぎに帰宅した娘と予約の話をしていたら、「行って来なよ」という娘からの強いお勧めがあり、おまけに電車バスの時刻メモから予約手順のメモと、お小遣いまで渡されました。
ここまでされて断れば親子の間に冷たいすきま風が・・・。でも夜中の12時半頃ですよ。

館山からは自転車で行くことを考えて早速輪行の準備を始めました。
館山までは高速バスを予定しました。



朝5時起きて、昨夜の準備の続きをし、6時に家を出発しで千葉駅でバス乗り場に向います。

Ttym_03
京成バスの乗り場です。
am6:40発 南総里見号に乗車予定です。








一般的に、バスへの自転車持込は各社で断られます。電話で確認しても禁止のお断りと「運転手さんに相談してみてください」というのが各社の一般的な対応です。

しかし、筆者は大丈夫だろうと踏んでいました。
一応高速バスなので荷物室はあるだろうし、スーツケースを使う距離ではないので荷物室は空いているだろう、との考えでした。
たとえ断られても、次のJR列車で何とか間に合うだろうし、ま、気が楽ではありましたが。


バス停には5名ほど並んでいました。 定刻にバスが到着し、降りてきた運転手さんに「自転車お願いしてよろしいですか?」とお聞きすると「あぁ 良いですよ。」気持ちよく受け取って荷物室に格納してくれました。案の定、荷物室は筆者の自転車で貸切状態でした。

この路線は1時間に1本、時々2本あります。乗車券は1500円。
JRでも同様な本数と乗車賃ですので、このバス路線は意外と穴場かもしれません。


1

蘇我駅のバス停を出ると、高速に向います。
ここは松ヶ丘ICの手前です。
次は木更津羽鳥野。



Photo
ハイウェイオアシス富楽里(フラリ)はもうすぐです。
ハイウェイオアシスってPAのことですよね。





Photo_2
富浦枇杷倶楽部。
富浦は枇杷の産地です。高級枇杷は高くて手が出せませんcoldsweats01





817
館山到着8時17分でした。
次のJRで来るよりも30分程早くつきました。
これで余裕をもって現地に迎えますね。





Photo_13

ルート図です。
館山駅から南房パラダイスまで約12km。
のんびり走って、途中のコンビニ食事も含めて45分程でした。







Photo_3
南房パラダイスに到着し、第二駐車場に向います。
受付のテーブルが寂しく置かれていました。





Photo_4
セグウェイが一人寂しく木陰で休憩していました。






この第二駐車場で説明を受けてから、恐る恐る乗車します。
その場で回転したり、スラロームをしたりして操作方法を体で覚えます。
セグウェイは体重移動で操るのですね。



Photo_5
ひと通り操縦を覚えると、さあ園内のツアーに出かけます。
受講者3名に前後インストラクターの5名で出発です。






Photo_11 Photo_12

平地に慣れてくると、今度は芝生の凸凹を体験します。
膝で衝撃を受けて体がふらつかないようにします。





Photo_8
綺麗な花壇です。
有名なお方が作られたお花があるようです・・・って、いい加減ですねcoldsweats01




講習から園内ツアーを含めて小一時間のプログラムでした。
最後にアンケートを書いてからインストラクターの方にお礼を申し上げて会場を後にしました。



Photo_9
ここは館山運動公園です。
南房パラダイスからの帰路は、外房の海岸線を走るつもりでしたが、真向かいに近い強風を受けたため、来た道を戻りました。




内房を北上しようと思っていましたが、館山駅を過ぎたころ雨が降りかかって来ました。
なにやら体調もおかしいので、駅まで戻って早めに帰ることにしました。


Photo_10
館山駅ホームで列車を待つ輪行バッグ。






2
館山駅発12:05の各駅で帰路につきました。
2号車のトイレ前にスペースがあったので、その手すりに固定しました。
車内ではほとんど爆睡していました。千葉駅に着いてもまだ頭がボーっとしていて、すぐに動けませんでした。


昨日は通院と買物で都内を巡っており、疲れきっていた上に急な早朝出発で、睡眠不足になっており、かなり体にこたえたようです。


輪行とは言っても、館山駅から南房パラダイスまでの足となっただけでしたので、走り足りないのですが、まぁ本来の目的であるセグウェイに乗れたので結果オーライとしましょう。



なお、このセグウェイの体験ツアーは今月末(3/31)で終了しますが、引き続き有料にて行われるようです。
入園料込み4500円ほどとか。しかし、ツアーの時間が長くなるようなので、場合によっては再度訪れてみたいと思っています。園内の小鳥たちが人懐っこくて楽しそうですよhappy01





ではでは またpaper











|
|

« 墨田公園(隅田川河畔)でお花見しました。 | トップページ | 第24回圓王百席にお邪魔してきました。 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

亀ちゃん、先ずは、バス輪行。
そうなんだ。 乗れない場合もあるのね。
しかし、ここいらからだと、あまり利用には有利じゃ無さそうだね。
でもね、時刻表とかどんな会社が就航しているのかとかやはり難しそう。

セグウェイ。 面白かったのかね。
でも、日本も情けない国だ。
なんで、公道がダメなのか。
どんどん、アホ法を改めるべきだよな。

しかし、残念だったね。
雨降られてね。

なんかセグウェイ、渡良瀬でもやってるみたいね。

投稿: B | 2013年3月29日 (金) 21時47分

バス便って分かりにくいよね。
少しずつ使いやすさがわかってくると鉄道との使い分けができそう。

セグウェイは面白い・・・が、だだっ広いところで乗るよりは、都会での使われ方が似合っていると思う。 
でも、勘違い野郎が多い日本ではアウトドアでの使われ方が良いのかな。
今買うとBさんの安価3台分だとcoldsweats01

投稿: かめまる | 2013年3月30日 (土) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/57061754

この記事へのトラックバック一覧です: セグウェイに乗って来ました:

« 墨田公園(隅田川河畔)でお花見しました。 | トップページ | 第24回圓王百席にお邪魔してきました。 »