« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

セグウェイに乗って来ました

場所は千葉県の最南端の遊園地・南房パラダイスです。

Save0033Save0034












この南房パラダイスにて、3月31日までセグウェイの無料ツアーが開催されていたのは知っていました。しかし、筆者の身辺が忙しくなってきて、今回は見送りするつもりでした。
念のため南房パラダイスに予約の確認をすると、明日の10時枠1名のみ空いているとのこと。
朝10時では交通手段が乏しくて一旦保留としました。

しかし、夜中の12時過ぎに帰宅した娘と予約の話をしていたら、「行って来なよ」という娘からの強いお勧めがあり、おまけに電車バスの時刻メモから予約手順のメモと、お小遣いまで渡されました。
ここまでされて断れば親子の間に冷たいすきま風が・・・。でも夜中の12時半頃ですよ。

館山からは自転車で行くことを考えて早速輪行の準備を始めました。
館山までは高速バスを予定しました。



朝5時起きて、昨夜の準備の続きをし、6時に家を出発しで千葉駅でバス乗り場に向います。

Ttym_03
京成バスの乗り場です。
am6:40発 南総里見号に乗車予定です。








一般的に、バスへの自転車持込は各社で断られます。電話で確認しても禁止のお断りと「運転手さんに相談してみてください」というのが各社の一般的な対応です。

しかし、筆者は大丈夫だろうと踏んでいました。
一応高速バスなので荷物室はあるだろうし、スーツケースを使う距離ではないので荷物室は空いているだろう、との考えでした。
たとえ断られても、次のJR列車で何とか間に合うだろうし、ま、気が楽ではありましたが。


バス停には5名ほど並んでいました。 定刻にバスが到着し、降りてきた運転手さんに「自転車お願いしてよろしいですか?」とお聞きすると「あぁ 良いですよ。」気持ちよく受け取って荷物室に格納してくれました。案の定、荷物室は筆者の自転車で貸切状態でした。

この路線は1時間に1本、時々2本あります。乗車券は1500円。
JRでも同様な本数と乗車賃ですので、このバス路線は意外と穴場かもしれません。


1

蘇我駅のバス停を出ると、高速に向います。
ここは松ヶ丘ICの手前です。
次は木更津羽鳥野。



Photo
ハイウェイオアシス富楽里(フラリ)はもうすぐです。
ハイウェイオアシスってPAのことですよね。





Photo_2
富浦枇杷倶楽部。
富浦は枇杷の産地です。高級枇杷は高くて手が出せませんcoldsweats01





817
館山到着8時17分でした。
次のJRで来るよりも30分程早くつきました。
これで余裕をもって現地に迎えますね。





Photo_13

ルート図です。
館山駅から南房パラダイスまで約12km。
のんびり走って、途中のコンビニ食事も含めて45分程でした。







Photo_3
南房パラダイスに到着し、第二駐車場に向います。
受付のテーブルが寂しく置かれていました。





Photo_4
セグウェイが一人寂しく木陰で休憩していました。






この第二駐車場で説明を受けてから、恐る恐る乗車します。
その場で回転したり、スラロームをしたりして操作方法を体で覚えます。
セグウェイは体重移動で操るのですね。



Photo_5
ひと通り操縦を覚えると、さあ園内のツアーに出かけます。
受講者3名に前後インストラクターの5名で出発です。






Photo_11 Photo_12

平地に慣れてくると、今度は芝生の凸凹を体験します。
膝で衝撃を受けて体がふらつかないようにします。





Photo_8
綺麗な花壇です。
有名なお方が作られたお花があるようです・・・って、いい加減ですねcoldsweats01




講習から園内ツアーを含めて小一時間のプログラムでした。
最後にアンケートを書いてからインストラクターの方にお礼を申し上げて会場を後にしました。



Photo_9
ここは館山運動公園です。
南房パラダイスからの帰路は、外房の海岸線を走るつもりでしたが、真向かいに近い強風を受けたため、来た道を戻りました。




内房を北上しようと思っていましたが、館山駅を過ぎたころ雨が降りかかって来ました。
なにやら体調もおかしいので、駅まで戻って早めに帰ることにしました。


Photo_10
館山駅ホームで列車を待つ輪行バッグ。






2
館山駅発12:05の各駅で帰路につきました。
2号車のトイレ前にスペースがあったので、その手すりに固定しました。
車内ではほとんど爆睡していました。千葉駅に着いてもまだ頭がボーっとしていて、すぐに動けませんでした。


昨日は通院と買物で都内を巡っており、疲れきっていた上に急な早朝出発で、睡眠不足になっており、かなり体にこたえたようです。


輪行とは言っても、館山駅から南房パラダイスまでの足となっただけでしたので、走り足りないのですが、まぁ本来の目的であるセグウェイに乗れたので結果オーライとしましょう。



なお、このセグウェイの体験ツアーは今月末(3/31)で終了しますが、引き続き有料にて行われるようです。
入園料込み4500円ほどとか。しかし、ツアーの時間が長くなるようなので、場合によっては再度訪れてみたいと思っています。園内の小鳥たちが人懐っこくて楽しそうですよhappy01





ではでは またpaper











| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

墨田公園(隅田川河畔)でお花見しました。

1週間前のお花見ですので備忘録としてアップします。
前日も翌日も雨で寒い日でしたので、合間の良いタイミングでお花見できましたscissors






2013年3月26日(火曜)
昨年は筆者の体調が思わしくなかったために流れてしまったシゲりんさんとのお花見の約束を今年は果たしました。

当初は墨田公園を予定していましたが、隅田川河畔に変更してのお花見でした。



1
筆者は錦糸町駅からバスでスカイツリー駅前で下車。

この画像は合成しました。広角でも無い限り画面に入りきれません。













Photo
待ち合わせに向う墨提を歩きます。

前方左が桜橋で、東詰めで待ち合わせています。





Photo_4 Photo_3

シゲりんさんが河畔の席を確保してくれていました。
墨提の桜が見事です。







Photo_5 Photo_6

左:下流の言問橋方面
右:上流の桜橋方面






Photo_7
東京都の鳥「ゆりかもめ」でしょうか?

餌やりをしていて多数のかもめが寄ってきます。




1_2
桜橋西詰の桜も見事ですねぇ。






Photo_8 Photo_9

この時期、水上バスがひっきりなしに訪れます。
どの便も超満員です。
丁度この場所が折り返し地点のようです。



シゲりんさんとは年2回くらい顔を合わせています。
昔はオールディーズのライブハウスに連れだって頻繁に行っていたものですが、最近はお互いにおとなしくなったようです。

話題は趣味やお子さん・お孫さんの話し、元職場の方の消息など尽きることがありません。
途中でお酒に与かりたい不審なジイ様が寄ってきましたが、適当にいなします。
少し肌寒い機構でしたが、風も穏やかで花見日和でした。


Photo_10 Photo_11

これから長命寺の柏餅を食べようということで席を立ちます。
記念撮影をしました。






Photo_12
道すがらの御茶屋さん。
芸妓さんでしょうか? 華やかで良いですね。






Photo_13
お目当ての桜餅はこの通り待ち行列が長くてあきらめました。

次の候補は言問団子です。





Photo_14
言問団子の向かいの桜。
枝っぷりが良くて絵になりますね。





Photo_15

目指すお団子屋さんです。




Photo_16
言問団子3色セット。 3個 お茶付き ¥600
黒いお団子が少し小さいですが、食べかけなのです。





Photo_17
帰路です。 裏から眺める桜並木も見事です。






Photo_18
通りがかりのハナモモ。 鮮やかな色ですね。







この後、業平橋からバスで錦糸町に出てJRで家路に向います。

来年はお花見のはしごをしたいですね、っとシゲりんさんと話しています。





ではでは またpaper
















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

身近なお花見

いつも通る近くの桜並木が、いきなり満開となっていました。

昨日も通った道ですが気がつきませんでしたcoldsweats01

今日は曇り空で写真写りが良くありませんが、雰囲気だけお伝えします。


3

ここは地元ではグリーンベルトと呼ばれています。






2

背景が青空ですと綺麗なコントラストになったのですがね。







1
卒業時期に桜って、なにか感傷的になりますよねweep







来週の月曜日(3/25)は隅田公園から桜橋付近で知人とお花見の予定です。
予報では曇り空ですが、雨が降らなければまあ良しとしましょう。





ではでは またpaper












| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

「千葉市自転車走りやすさマップ」の配布始まる

本日から市役所、区役所、市観光情報センターなどで無料配布が始まりました。

Chiba_bicycle_map198x373


筆者は近くの区役所にポタリングがてら出かけて冊子をいただいてきました。












<千葉市HPより>
自転車走りやすさマップの作成
自転車走りやすさマップは、平成22年度から平成24年度にかけて市民ボランティアの方々のご協力を得て実走調査を実施した結果をまとめたものです。みなさまが自転車の走行経路を選択する際の参考としてご活用いただきたいと考えておりますので、是非ご覧下さい。
なお、このマップは、平成25年3月22日から、市役所、区役所、市観光情報センターなどで無料で頒布する予定です。(数に限りがございます。)


PDF版はこちら

市内全域(ただし、若葉区、緑区の一部は裏面に記載) 
http://www.city.chiba.jp/kensetsu/doboku/bicycle/download/map_omote.pdf

若葉区、緑区の各一部、都心部の拡大図
http://www.city.chiba.jp/kensetsu/doboku/bicycle/download/map_ura.pdf


パンフレット版は小さくて見づらいですので、PDF版を拡大して見られるほうが分かりやすいですね。

筆者は先ほど広げてみた段階ですので、まだ活用方法がわかりません。
ま、ノンビリ眺めるとしましょう。





区役所の脇が花見川サイクリングロードです。
ついでに少し走って来ましたが、一部の桜が満開でした。数組の奥様グループがお花見を楽しまれていらっしゃいました。

1






2

開花しているのは数本でした。
やはり来週がピークでしょうかね。





3

脇に赤い花をつけている木が・・・・。




4


名前は分かりません。だれぞ教えてくだされ。








この土日と来週もウォッチングしてみましょうhappy01








ではでは またpaper


















| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

今年も元気に咲いています、我が家のコゴメザクラ。

今年は特に花がつきました。我が家のコゴメザクラ。

寒さが厳しい時期にたくさんの蕾をまとっていましたので、開花を心待ちにしていました。



1

大きなプランターで育てているのですが、太陽をたくさん浴びて見事に咲きました。










2
珍しくお隣さんからもお褒めをいただきました。うれしやscissors












2_2
塀の内側は日当たりが良くないので、まだ蕾が多いですね。











なお、Webで調べてみると、コゴメザクラとはユキヤナギの別名シジミバナをいうこともある、とのことです。


来年も元気に咲いてくれると嬉しいです。







ではでは またpaper




















| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミノウラ VC-100 ワンタッチ脱着式カメラマウント

「ミノウラ VC-100 ワンタッチ脱着式カメラマウントMサイズ」にContour_ROAM2を付けて動画撮影のテストをしました。

Vc100


ミノウラ VC-100 ワンタッチ脱着式カメラマウント







1_22_2
取り付けたところ。







結果としては、このミノウラのマウントは大当たりでした。
首の長さが短く、しっかり固定されるので、カメラが振れませんでした。


Youtube

隣駅までのYoutube動画です。




動画はかなり速度をだして乱暴気味の運転にみえるのですが、実際は速度抑え目で安全運転をしています。念のため。


今までは『bikepartscenter』 バイク用カメラマウントを使用していたのですが、首の部分が曲がるようになっており、ハンドルの振動時に振れを増幅したように首を振ってしまいます。 そのため画像が上下に揺れてしまい、気持ちの悪い動画になっていました。


Bikepartscenter
『bikepartscenter』 バイク用 カメラマウント










しばらくはこのミノウラ+ROAM2の組み合わせで撮影を楽しみたいと思います。





ではでは またpaper






| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

丸の内ホテル ポム・ダダンでフレンチコースを食す

昨夜は久しぶりに家族で食事を楽しんで来ました。


場所は東京・丸の内ホテル レストラン ポム・ダダン


HPより
「pomme d'Adam」とはフランス語で「のどぼとけ」の意味。 直訳は「アダムのりんご」であり、西洋では、のどぼとけ=アダムがのどにつめた木の実(りんご)とされています。
のどぼとけも喜ぶフレンチレストラン、それがポム・ダダンです。



料理はフレンチ・コースのモデルヌ・フランセーズをいただきました。



<モデルヌ・フランセーズ>

季節の食材をふんだんに使用したオリジナルのフレンチコース。

・クスクスと砂肝のコンフィ サラダ仕立て
・蟹とミキオトマトのタルト仕立て
・鶉とアスパラガスのブレゼ
・海の幸のクロケット 赤いフルーツのソース
・オレイユ・ド・メールのムニエル 低温キュイ
・プラチナポークの自家製ハム グリエ フレッシュトリュフ風味
  とうもろこしのソルベ添え
・本日入荷鮮魚のクリュ ウィキョウのクーリ
・本日入荷鮮魚の料理
・冷製ミキオトマトスープ
・短角牛とフォアグラのポアレ ソースシェリーヴィネガー
・デザート二種
・コーヒーまたは紅茶



個々の料理は少量なのですが、次から次に運ばれてくる料理に、さすがにメインディッシュの短角牛を残してしまいました。一切れを口にしたら、それはもう美味しかったので残念でしたね。

しかし、全ての料理はお世辞抜きで美味しかったですhappy01


昨年、西伊豆に旅行した時の旅館の夕食にはまいりました。
料理を売り物にする旅館の「これでもか これでもか!」という、絶対に食べきれないほどの大量の夕食に辟易していました。

それに比較するのも変ですが、このポム・ダダンのコース料理は丁度あんばいが良かったです。 フレンチは皆そうなのかもしれませんが、あまりコース料理はいただいたことが無いので自信はありませんcoldsweats01



「恥ずかしいから写真は撮らないで!」という家族の猛反対で料理の画像はありません。


代わりに行き帰りに撮影した東京駅をご案内します。

Photo
新丸ビルの5階のテラスから撮影しました。






Photo_2
帰り際に、同じく新丸ビルの7階テラスから。
ライトアップはされていませんでした。
携帯ではボケてしまいますね。







ではでは またpaper

















| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

黒にんにくが出来上がりました。

ニンニクにはさまざまな薬理作用があることが知られており、古代より民間薬として利用されてきました。さらに現代でもニンニクは薬として利用されているようです。

筆者も若い時から大好きで、おろしにんにく等は中華料理店でよく料理に混ぜていたものです。 しかし、あの独特の臭いがネックになっていて、休日前夜とかに限定して口にしていました。


最近、黒にんにくになると無臭となる上に、体に良い効能が増加するとの記事を目にし、市販されている黒にんにくを取り寄せて食事の時にひとかけらづつ口にしています。

そのうちに、黒にんにくは家庭で作れると言うことをWebで知り、今回初めて自作にチャレンしてみました。




1
手探り状態で始めたので、これまでの途中経過の記録がありません。

むきにんにく1KGを手に入れて、廃棄寸前の炊飯釜に入れてました。

これは出来あがった状態です。今日で15日目です。







2
真ん中のひと包みを開けてみます。












3
ほら 真っ黒でしょう。
1週間を過ぎた辺りから、試食と称してちょこちょこ口にしていましたが、次第に甘くなってきました。
食べた後、甘くて食管が良くて尾を引くんですね。ついつい2-3個手を出してしまいます。 でも食べすぎは注意です。





4
保温スイッチを切って、これから保存モードに入りました。
底にキッチンペーパーを引いて、その上に黒にんにくを並べます。
それを数段重ねて常温で保存しようと思います。

常温でも熟成が進むようです。しかし、暖かくなってくる季節には注意が必要かと思います。
冷蔵庫でも冷凍庫でも保存はOKですので、あとは好みですね。





作り方は

①むきにんにくをひと握りづつキッチンペーパーに包む。
②ビニール袋に、包まれたにんにくを並べて詰める。
③ビニール袋ごと炊飯器に入れてふたをし、保温スイッチを入れる。
 筆者は臭いの漏れ対策にビニール袋を2重にしました。
④あとはじっと待つだけ。

3日頃に臭いのピークが来るようですが、ビニール袋を2重にしたおかげでそれほど臭いませんでしたscissors



現在は通販で手に入れた「純黒にんにく」と併用して食しています。
やはり、一個600円弱のプロの手にかかったものは出来が良いですが、筆者の自作のものも侮れませんよhappy01


さあ 健康に気をつけて今年を乗り切りたいと思います。



ではでは またpaper





| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

犬のふんの始末は飼い主の責任です。

と言う、マナー啓発のプレートを、本日フェンスに取り付けました。

取り付けたのは次の2種です。

1 2









真夜中から明け方にかけて家の周りに犬のふんが2-3個鎮座ましていらっしゃることが時々あります。
朝、カーポートを開けに出たときに気がついて、ダッシュで処理をするわけですが、あわただしいので家内を仕事場に送り出してからおもむろに処理をしたりします。

我が家の数十メートル先に小中学校があり、我が家の前は通学路にもなっていて多くの子供たちが通ります。 なので早めに片付けないと衛生的にも心配です。


このプレートは千葉市動物保護センターで無料配布しておりました。
昨夜、Webで良いプレートが無いかどうか探していた時に見つかったので、夜のうちに問い合わせメールを送っておきましたしたが、朝一番で回答があり、動物保護センターで無料配布していることがわかりました。


この千葉市動物保護センターは、幸いにも我が家から2kmほどのポタリングで通るルートに程近い場所にありましたので、昼食後にロードバイクで訪れてみました。


これで防止できるとは思ってもいないですが、少しだけ期待してみましょう。
まだふん害が続くようなら防犯(監視)カメラの設置を考えています。
さてさてどうなることでしょうか?





ではでは またpaper

















| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

犬の気持ちが良く分かる

今日はお昼ごろから風がおさまってきたので、急いで支度してまたもや江戸川サイクリングロードをポタリングしてきました。


今日はリカンベント・トライク Catrike700 です。

1
風がおさまってきて、気持ちが良いです。




2
下流方向を望みます。





このような低い、寝そべったポジションで走りますので、すれ違うほとんどの自転車からは上から目線で見られます。
筆者からは下から覗き込むような目線になります。

筆者の乗るトライクは都内でも珍しく、筆者も同種のトライクは見かけたことがありません。
そんな希少車種ですからすれ違うサイクリストやウォーキングやランニングを楽しむ方々の反応がいろいろあって楽しいです。


ニコニコして手を振ってくれる方。
ニコニコ顔で興味を持ってくれる方。
ご年配の方は時々拍手してくれます(笑
一方、見たくないものを見たような嫌悪を示す方。
ぷいっと横を向く方。
一般道では時々「キチガイ!」とか「バカヤロ」とかのお声がかかります(笑



行き違う時の反応を観察するのは、密かな楽しみでもあります。
そのために筆者は必ずサングラスをして目線を悟られないようにしています。
なんて、もしかして筆者は性格が悪いのかも(笑

そんなこんなしているうちに、犬もこんなことを感じながら行き違う人間を観察しているのにちがいない、と気がつきました。自分に好意的かどうか・・・。
そうなんです。筆者は犬の気持ちが(少しだけ)分かってしまったのです。
なんて大げさですね。




リカンベント(2輪)やリカンベント・トライク(3輪)に好意を示して下さる方は全国的に似たような感じです。

・幼稚園児から小学生の男の子「スゲェーーー!」とか「おぉーー!」とか。
・小さなお子様連れのお母様たち。
・中学生から高校生の男の子は2分されます。
・年配の男性の方はかなりの確率で興味を示されます。
・有閑マダムの方も結構手を振ってくれます。


一方、嫌悪を示される方はそれ以外なんですが、特に中学生から高校生の女の子。
奇妙な自転車を見ると「ウゲェー!」とか「ギャーー!」とか叫ばれます。でもそれは無いよねぇ。
バリバリのローディーさん(ロードバイク乗りさん)は嫌いな方の確率は高いようです。
ロードバイク以外は認めねー! 


でも思うんです。筆者もそうですが、興味をもたれる方は好奇心旺盛な方だと思っています。
筆者も最初は「何これ?」と言う感じでした。 
でも少し見ていると「コレ面白いかも」と変わっていきました。 


「自転車はこうあるべきもの」という固定観念を持たれている方には理解できないかもしれません。



でも、その結果と言うか成れの果てが筆者の現在なのですがね(笑


では またリカンベントでお会いしましょうpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

動画:江戸川CR右岸を走りました。

今日は南西の風が強く、北に向うにはとても楽チンでした。


自宅を出てから海沿いを走り、江戸川CRに入ります。
動画は篠崎水門を渡り、右岸を北上(上流)に向います。




Cr
 【Youtube動画はこちら

カメラの角度がもう少し下向きだと良かったですね。アクションカメラはContour_ROAM2です。
モニターの付いていない録画するだけのカメラですので、走りながら確認できませんgawk

車につけるドライブレコーダーも安価で優れものもあります。信頼性が心配ですがハイビジョンですぐモニターできるのが嬉しいところなので工夫してみようかとも思っています。











ではでは またpaper

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »