« ジャズベーシスト 石川隆一さん | トップページ | CYCLE MODE international 2012(日本最大の自転車ショー) »

安房鴨川まで走ってきました。

11月3日(土)文化の日に友人と2人で外房の安房鴨川までサイクリングしてきました。

実は、この1週間前(10月28日)に、”ブルベ千葉1028”と言う房総半島半周の
イベントに単独参加してきたのですが、大雨のためあえなく途中棄権してしまいました。

で、その先はどんな道だろうかと友人と二人して走ってきたわけです。



①ルートはこんな感じです

Rootlab_2




②最初の休憩場所にて

  うぐいすらいん終点のセブンイレブンにて最初の休憩をとります。
  ここまで36km。
  筆者はおなじみのOptima社のHigh_Baron。友人は石橋社製のANCHORです。

Baron Anchorbaron


セブンイレブンとこれから向う道。

Photo_6  Photo




②大多喜町へは急坂を下っていきますが、その坂の入り始めです。

  ここまで50kmです。

Photo_2





③大多喜町のコンビニで最後の補給をします。

  ここは先週のブルベでの最初のチェックポイントでした。53km。
  この後は安房天津まで30Kmほど補給ポイントがありません。しかもキツイ登りの
  峠道なのです。筆者はどら焼きと栄養ドリンクを補給します。

Photo_3





④安房鴨川市に入る。

  やっと峠道を9割ほど消化しました。これまでが非常にきつかったのです。
  心臓ははちきれんばかりにバクバクして、脚は鉛のように重く、たまらずに
  1回足を着いて小休止をしてしまいました。

  今までのサイクリングでは、これほどの長い登り道は未経験でした。
  地元や都内方面では、坂はあっても短いので気合一発で上れてしまいますが、
  ここでは延々と続く登り坂に心が折れそうになります。 
  「もう勘弁してくれ」と何度思ったことかcoldsweats01



Photo_4


  鴨川市に入ってからも断続的に登り坂が続きます。
    幾つかのトンネルをくぐりますが、そのうちの一つの長めのトンネルで危ない目に
  遭いました。

  トンネル内は照明がありませんので、自転車のヘッドライトだけが頼りです。
  しかし、急に暗くなって目が慣れないうえに、頼りないライトでは全く役に立たず
  真っ暗なトンネルを出口の明かりを頼りに進みます。

  以前テレビ番組でも見ましたが、人間って真っ暗闇では平衡感覚が狂うのですね。
  真っ暗な中を進んでいると真っ直ぐに走れないのです。ハンドルが不安定で
  右に行ったり左に行ったり、対向車が来なかったので事故には至りませんでしたが
  友人は右側の壁にぶつかりそうになるまで蛇行していたようです。 後方で叫び声
  が聞こえましたが、後でそのようだったと聞きました。危なし危なしcoldsweats01




⑤安房天津を望む下り坂にて。
  
 最後のトンネルを抜けると、あとは長い長い急な下り坂になります。
 前後のブレーキをかけながらスピードを落として下ります。
 ブレーキを開放すると瞬時に60kmを超えてしまいます。
 いったい何キロまで出るのだろうか怖くなるほど速度が出ます。
 

Photo_5




⑥鴨川には12時30分ころ着きました。

 安房天津に出てから海沿いの道を走り、鴨川までは3kmほどでした。


 昼食前に予定していたお土産用のおせんべ(おかき)を調達するために、
 房州せんべい 本格手焼きおかき 高梨商店 に向いました。

 手焼きおかきをバラで数種購入して家内へのお土産としました。
 (画像は鴨川商工会のHPから借用しました)


Photo_12 A0028


 お店に入って品定めをしていると、飲み物を勧められました。 汗だく顔でお店に入っていったので喉が渇いていると思われたのでしょう。 ご好意に甘えてお茶をお願いしましたが、なんと鹿の子みたいな和菓子も一緒に出されて、思わず歓喜の声をあげてしまいました。
当然、喜んで
ご馳走になりました。

実は、このお店は20年以上前から寄っていたお店なのです。
商用でこの地をたびたび訪れていましたが、時間に余裕のあるときには寄って
家のお土産用としたものです。



ここの大将からオススメの食事処を聞いて次に寄ったのが200mほど離れたあわじやさん。

あわじや さんで刺身定食+なめろう を食べました。 20人程度のこじんまりとした
お店でしたが、客の入りも良く、また、食事も美味しかったですね。


⑦JR安房鴨川駅にて。

食事後はJR安房鴨川駅まで走って、脇で自転車を分解し輪行袋に詰めました。
手前が友人の輪行袋姿で後ろが筆者のものです。 筆者のリカンベント・バイクは全長が長いため、市販の輪行袋では入りきれません。なので自転車カバーを流用しています。
どうせ消耗品扱いですし、2000円前後と圧倒的に安価なので助かっています。


2


14時34分発の特急わかしおで帰ります。

Photo_7 Photo_8 Photo_11




⑧電車内にて

筆者の荷姿が長いので、客室には置くところが無く、やむなく出入り口を塞ぐ格好で置きました。 この出入り口が開いたのが4駅ほどで、そのうち2駅で乗客がありましたので都度どかしました。
友人のはコンパクトな荷姿なので、ちょっとしたスペースに置く事ができます。

Photo_9 Photo_10




京葉線海浜幕張駅で下車し、自転車を組み立てて自宅まで走って帰りました。
帰宅17時でした。


走行距離97km
走行時間6時間30分


友人としばし自転車談義をしてから友人を見送りました。

さっ 来年は本格的にブルベに参戦します。

目指せ! 2015年 パリーブレスト1200km

お後がよろしいようで。

ではでは またpaper




 

 

 

 

 

 

 

|
|

« ジャズベーシスト 石川隆一さん | トップページ | CYCLE MODE international 2012(日本最大の自転車ショー) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

あれれ こないだ家で見た時はどうにもならんブログだと思ってたのに、ちゃんとしているのぉ。

なおしたん?

ちなみにブログを始めてみました↑↑

投稿: 無邪鬼B | 2012年11月 6日 (火) 11時11分

Blogはそのまんまですよ。 なんでやろね。
あっ 祝ブログ開始sun

我々の世代は生存報告みたいなものだから、頻繁に更新したほうが良いのだけど、ま、頑張りまっしょ。

投稿: かめまる | 2012年11月 6日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/56050639

この記事へのトラックバック一覧です: 安房鴨川まで走ってきました。:

« ジャズベーシスト 石川隆一さん | トップページ | CYCLE MODE international 2012(日本最大の自転車ショー) »