« 佐々木緑さんとブラジルへ行こう! | トップページ | 千葉ピーナツボウル1015 »

赤坂のAfroな夜は更けて

昨夜、3/26(木) 「赤坂1111」に行ってきました。 1111はノヴェンバー・イレブンスと読みます。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このお店は阿木耀子さんと宇崎竜童さんご夫妻の経営するお店です。 店名の由来はお二人の結婚記念日(11月11日)からだそうです。

お目当てのバンドは“Takashi Nakazato & The Afro-Stereo”  私のパーカスの師匠“中里たかし”さん率いるラテンジャズ系のバンドです。
2ヶ月ほど前から予定していました。レッスンの時「食事がすごく美味しいですよ」と聞いてすぐに「行きます! 行きます!」と食い意地が張っていることを晒してしまいましたhappy01

お目当てはバンドより食べ物にあったと・・・・・・んな気がするcoldsweats01

お店は地下鉄丸の内・線赤坂見附から徒歩5分程と近いです。千代田線・赤坂からも同じくらいの距離です。
赤坂の街を歩くのは確か8年ぶりくらいと思います。最近はバンドの練習かライブハウスで聴くとき以外は引き篭もり気味ですので、たまに訪れる都会の雰囲気は活気があってすごく好きです。 行きも帰りも急ぎ足で通り過ぎたため画像はありませんcoldsweats02 

 

はじめにお店のイメージ(HPから拝借しました) 

左:外から2F看板を眺めたところ。 2番目:入り口 3番目:階段その1 一番右:階段その2 

Topkannbann_2

TopiriguchiTopkaidanTopkaidan2

 

 

 

 

 

 

食事を楽しもうと思って少し早めに着きました。 事前にHPで候補に考えていた2品をまず注文しました。 

まずは「マグロのグリルサラダ バルサミコソース 山葵ムース添え

Magro3 ハーブで味付けしたマグロをレアーにグリルして、甘酸っぱいバルサミコソースを合わせました。アクセントの山葵ムースがマグロの味を引き立たせます!・・・とHP。

いや、美味しかったです! 小腹がすいていたのでペロっと平らげてしまいました。 私は一人で食べる時は早食いなのです。ハズカシ。

続いて「キャベツステーキ」  

Photo
当店一番人気のオリジナル料理! こくのあるチーズソースときゃべつのさっぱりした味が、見事にマッチ・・・とのこと。 

チーズソースが良い味を出しています。 これも美味しかった! ハーフ&ハーフのビールも美味しく、ビール2杯と食事でおなかは満腹状態です。

 

Photo_2スタージが始まる前に少し間がありましたので撮影しました。

 

リーダー中里たかしさんのティンバレス・セッティングその① 

バスドラムが隠れています。 ほとんどドラムセットの構成です。 最近はティンバレスのセットとドラムセットがかなり近づいているようです。

 

  

Photo_3ティンバレス・セッティングその②

左下に小さめのバスドラムが見えます。手前のハイハットはケーブルでリモコン式です。 場所の制約がある場合は役に立ちそうです。 

 

 

 

さて演奏はじまりです。 メンバー敬称略ですみません。

"Takashi Nakazato & The Afro-Stereo"

 ●中里たかし(Leader,Timbales,Ds,Bata,Shekere)
 ●あびる竜太(Key,Per)
 ●寺内茂(Tp,Per,Vo)
 ●太田剣(As,Ss,Per,Vo)
 ●武田和大(Bs,Ts,Fl,Per,Vo)
 ●佐藤英樹(Conga,Per,Vo)
 ●小泉哲夫(Bass,Per,Vo)
 ●すずきあゆみ(Viv,Bongo,Per,Vo)

 

Photo_4 右端が中里たかしさん。 

ルックスも性格もイケてます。 そんなわけで、生徒さんはチャーミングな女性が圧倒的に多いです。 私のような濡れ落ち葉というか徘徊老人一歩手前のようなジイさまは他に居ないと思われます。 このライブでも若い女性が多数を占めていました。 席はほぼ満席で、私は隅っこの狭い場所に、借りてきた猫のようにおとなしく、ただ飲み食いしていました。ホントカナ?

 

 2 

中央は、いつもはフロントに陣取るホーン隊の3人。 右から左に武田和大さん、太田剣さん、寺内茂さん。

今夜は太田剣さんのソプラノサックスが特にノリノリでした。 この太田剣さん、通常はジャズを演奏していて、ラテン系はこのバンドだけ参加しているとのことでした。 

 

  Photo_5 

左端赤いシャツがあびる竜太さん。 中里さんとはお馴染みです。なお、今回は全員がボーカルを担当していました。 なかなか上達してきました。 半年前の神田イゾルデでのライブでは一部の方が恥ずかしそうに照れながら歌っていました。 今回は全員で堂々とコーラスしていましたね。 歌わないとズルイと責められるようです。 ゆくゆくはダンスを取り入れて、歌って踊れるバンドを目指しているとかとか。 楽しみですね。  

  

Photo_6  奥が紅一点のすずきあゆみさん。 ビブラフォンがとても良い味を出していました。 Bongoもイケてます。 食堂の看板娘でもあるようです。

 

 

 

予定を大幅にオーバーして22時45分頃に終了しました。 

完全燃焼したようで、中里さんも汗びっしょりで息絶え絶え?でした。 ご自分でも壊れたと言っていました。

客席がほぼ満員状態で、この盛り上がりようでは次回もそんなに待たされないと思います。 プログラムでもVOL.1となっていましたので、VOL.2が楽しみです。

ではではpaper

 

 

 

 

|
|

« 佐々木緑さんとブラジルへ行こう! | トップページ | 千葉ピーナツボウル1015 »

中里たかし さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217959/44480205

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂のAfroな夜は更けて:

« 佐々木緑さんとブラジルへ行こう! | トップページ | 千葉ピーナツボウル1015 »