« 『Like_itⅡ』は最高!! | トップページ | 中里たかしラテングループ in JAZZ JANOME(浅草) »

STP Jazz Funk Orch.第1回定期演奏会

<すみだトリフォニーホールのHPより>

プロ・アマ混成のファンクバンド STP Jazz Funk Orchです。グレンミラーもファンクのノリで。 4ビートのジャズはめったにやらないファンクでロックなビッグバンド。
オリジナルも含め熱帯・ミンツァ・ファーガソンと イケイケ選曲・アゲアゲ演奏です。STPの爆音シャワーを浴びて全身でBig Band を体感してください。

と言うことで聴いてきましたSTP Jazz Funk Orch. 第1回定期演奏会(1st リサイタル)

8月24日(日)@すみだトリフォニーホール小ホール
18:00~open 18:30~start  チケット500円(全席自由)

Photo_2 Photo_3

 

 

  

この“ファンクでロックなビッグバンド” というのは、プロアマ問わず全国的に少ないそうです。そういえば、関東圏のアマビッグバンド情報にも少しだけ長けている私も他にはしりません。

私・かめまるは、この手のジャンルは大好きなのです。4ビートも好きですが、FUNK系やROCK系が年甲斐もなく好みです。そういえば、昔ドラム遊びしていたときもROCK系でしたね。

このコンサートを聴くきっかけは、High Five Jazz Orchestraでお世話になっている“みぞさん”がこのバンドに参加しているので、チケットを入手してお邪魔したわけです。

 

Photo_4 第一部の様子です。

脇の通路から前に移動して撮影しました。

みぞさんが私に気づいたので手を振って挨拶しました。

 

Wind 第二部は川崎高校・吹奏楽部の皆さんと吹奏楽を演奏。

曲は今年のコンクールの課題曲「ブライアンの休日」他。

なんと、みぞさんはフレンチホルンを吹いていました。

 

Photo 第三部はSTPの演奏ですが、アレレ・・・高校生3名が混ざっています。

左側のトロンボーーンと後ろ壇上のトランペット、あと1名はパーカッションで参加の可愛らしい女子高生の方ですが、この画像では隠れていて見えません。

 

全般を通して

やはり演奏レベルが高いことがわかります。ラッパの強烈なハイノートが耳をつんざきます。 また、プロのテナーサックスの方の演奏はぬきんでていましたね。

一方では、MCが異常に長いのが気になりました。 ゲネプロも含めて、やはりラッパの方の唇にかなり負担がかかっているのでしょうね。 リードトロンボーンの方も、しきりに唇のストレッチをしていました。 さっさと演奏すればかなりの時短になるのですがこればっかりはね。

 

翌日のバンマスのBlogに奥様の感想が載っていました。

『まずMCの無駄話が長~い・・・と。無駄話が長いのはそれなりに理由があるのですがそれなら無駄でない長い話に・・・または無駄話が無くても良いくらいスタミナを・・・と。さらに三部に乗った高校生のご父兄からさっさと帰してくれと苦情もあったようで・・・』

ともあれ、楽しいコンサートでした。

最後にみぞさんに「お疲れさま~!」とご挨拶をして帰路につきました。

  

  

|
|

« 『Like_itⅡ』は最高!! | トップページ | 中里たかしラテングループ in JAZZ JANOME(浅草) »

ジャズコンサート」カテゴリの記事

コメント

初めまして。東京都日野市在住のフルート、
アルトフルートをメインに、BS、SSも少々吹く51歳のアマチュアプレーヤーです。途中ブランクはありますが、フルートは40年くらい、サックスは30年くらいやっております。墨田区民音楽デーのチラシを見て、「ファンクのビックバンド」という言葉に惹かれて、ネットを検索したところ、”亀ちゃん”のブログにたどり着きました。(ちなみに私の妹の嫁ぎ先が亀田です)今は、ファアゴットの家内と合唱付きオーケストラを立ち上げて、12年ほどクラシックばかりやっていますが、クルセイダースいのち、オーティスクレイは仕事でツアーについたり、(PAマンでした)根っからのブラックミュージックファンです。
高校生の時は、ロックバンドでフルートを吹いていました。・・・フルートは奏法の基礎を中川昌巳先生に師事し(追っかけです)
BSはロニーキューバ等が大好きです。
専門学校の教員をしていたときは、学生とビックバンドを編成し、ムーンライトセレナーデ等を楽譜は参考程度で、学生達が自由にリズムをロックにアレンジで演奏して、中野区の成人式で演奏。すごく楽しかったです。
その時は2BSでソロを取り合ったりしました。

もし、宜しければ一度練習を見学させて頂けませんでしょうか。・・年齢的にあと10年くらいかな・・管楽器を吹けるのも。またファンクのグルーブで熱くなりたいんです。

本業はスピーカの開発をしています。以前はPAの舞台サポート等で、
ラリーカールトンがロバートポップウエルを
つれてツアーに来たときは、一緒に全国を回りました。音響等でもお手伝いができるかと思います。わがままなお願いで、失礼とは存じますが、よろしくお願いいたします。

投稿: 福田三恭司(ふくださくじ) | 2009年8月12日 (水) 11時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『Like_itⅡ』は最高!! | トップページ | 中里たかしラテングループ in JAZZ JANOME(浅草) »