« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

堂本雅樹さん

Photo Photo_2 Photo_3 King_7b

                                                                                                                                         

                                  

                     

        

                                                                                    

                                                     1月26(土) 北千住マルイ 「レストラン街(9階) ミニコンサート」 で堂本雅樹さんを聴いてきました。

出演者は <堂本雅樹さん(btb)、岩見淳三さん(g)、店網邦雄さん(b)>

閲覧無料に惹かれた訳ではありませんが、意外に北千住は近かった。

1回目の演奏から聴きたかったのですが、所用で2回目のみとなってしまいました。

30分余で交通費1500円、所要時間3時間。

ちと物足りなかったですが、バストロはやはり中音域から下がすっごく良いですね。聞きほれていました。

実は、堂本さんをお聴きするのは初めてなのです。ビッグバンドやコンボ演奏を含めて初めてでした。

機材の撤収時に少しお話させていただきました。とても気さくで礼儀正しい方でした。この方のリーダライブがあれば是非行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Led_ZeppelinをTromboneでいかが?

Zep0001 Zep0002 Zep0003 Eagles0001 Eagles0002 Eagles0003

元々Rockが好きだったので、「Led_ZeppelinをTromboneでどうじゃろ!」みたいなタイトルに惹かれて思わず注文してしまいました。
Led_Zeppelin と Eagles、合わせて2冊を昨年末に注文して本日届きました。

なんと2冊で送料込みで約5000円。2冊18ドルの現地価格からして大幅な高値です。注文するところ間違えたのかな。

中身はトロンボニストにはお馴染みのヘ音記号ですので、すぐにも吹ける譜面です。
しかし、まだ吹いていないのですが、譜面どおりに吹くと何か間が抜けたような感じがします。
CD等に合わせるには、かなり吹き込んでRockな感じを出さないといけないのでしょうね。

元の職場の同僚が友人と月一回程度Rockのセッションを開いているようですので、ゆくゆく乱入したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年はバストロンボーンにチャレンジします。略してバスチャレ?

明けましておめでとうございます。
ネットで迷い込んで、つたないblogを読まされた皆様にも
新年のお喜びを申し上げます(笑)。

昨年は、特に6月末からバンド練習に参加してからは、本当に
めまぐるしい全力疾走の日々でありました。その分ボントロの腕は
幾分上がったと自己満足しています。
本年も正月から全開しています。今年はjamセッションにも参加したいな。

***********************************

さて、本年から本格的にバストロンボーンにチャレンジ始めました。

昨年末に古いバストロを入手しました。

 Img_2106a             

画像:BACH 50T3

昨年のblogではYAMAHAのYBL-822Gを検討していましたが、入荷が2ヶ月くらい先になりそうでしたので、やむにやまれず中古を押し詰まった年末に入手したのです。

ちょっと古いのです。その分汚れてもいますが、新品よりずっとおサイフの負担は軽いです。手元に来てから毎日クロスで磨いているので、幾分すすボケたのが輝きをとりもどしつつありますが、まだ人前に出すのが恥ずかしいです。

メタルポリッシュで磨けばあっという間にきれいになるのは分かっているのですが、まあ毎日クロスで磨いていれば1年くらいで何とかなるようですので、気長に磨くこととしました。
その分愛着も湧くというものです。

既に年末から年始にかけて自宅から20分程にある楽器店のスタジオ(1050円/2H)で吹き始めています。

吹き始めた感想は、と言いますと、
・重くて左腕がすぐに痛くなります。前後のバランスが悪い(前が重い)ので左手首に負担がかかります。チューニング管付近にバランサーを取り付けて見ようかとも思います。
・低域は鳴らすのにコツがいります。上唇がまだ充分に振動していないようです。その分息が必要になりバリバリ吹いていると眩暈(めまい)がします。目の前に星が飛びます(笑)。
・ハイFより上の高域がキツイです。まだ慣れていないこともあると思いますので徐々に延びていくと思います。
・F管はともかく、その他のGes管やD管の操作がまだ理解できていません。

しかし、低域はやはり太いと言うかぶっとい音がします。いくらテナーで頑張っても太刀打ちできない太い音です。
これですね、バストロの醍醐味は。そのうちに延びのある低域を響かせたいと思います。

ヤマハのレッスンでは「1月からはバストロで」と既にお願いしています。練習もネジを巻いていきます!

また、当面はテナーと持ち替えを考えています。
バストロをたっぷり吹いた後にテナーに持ち帰ると、「ん? ラッパのマウスピースかいな?」と思うほどBACH 1-1/2と12Cの差は大きいです。
その分練習量が余分に必要になります。が、なんとか頑張りまっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »