« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

トロンボーン・レッスンを受け始めました。

本年(2007年)5月末で退職し、現在は専業主夫(兼)義母の世話をしています。
昼間はわりと時間ありますので、トロンボーンの練習にチカラが入り始めました。

この頃の練習は、レミントンやマイケルデイビスのウォームアップに加え、Jazz系のエチュードを少々始めています。
少しずつ上達はしていると感じますが、いろいろ試行錯誤の毎日で回り道をしながらの感もあります。
やはり、早くレッスンを受けねばと思い、少し前からWebを訪問していたクラシック系の先生にレッスンをお願いしました。

自宅から15分~20分とほど近いところでもヤマハや島村楽器の音楽教室はありますが、いずれも早い時間帯のレッスンが無く、やむなく約1時間20分かけて東京まで通うこととしました。

 ※専業主婦のため夕食の準備に早めに帰宅したいのです(笑)

私自身は「Jazzごっこ」をしたいと思ってトロンボーンを始めたわけですが、まだJazz系だのクラシック系だのと言えるレベルではなく、ただひたすら基礎練習に励む段階ですので、当面はクラシック系の先生でも問題ないのでは、と考えて決めました。

レッスンは今のところ隔週でお願いしています。先日(7/4)から急遽自宅のリフォームが始まってレッスンは中断となるまで、3回のレッスンを受けています。やはり餅は餅屋ですね。自分では気づかないところを何度も注意されています。シラブルとマウスピースの当てる角度がまだまだのようです。

また、自分の練習時間確保のために隔週をお願いしましたが、注意されていることが間隔をおくと又元に戻ってしまうことに気が付きました。自分では言われたとおりに練習しているつもりなのですが…。

経費は1回につき交通費・昼食込みで8千円程度かかります。次はお小遣いの許す範囲で月3回あるいは月4回をお願いしようと思っていますが、主夫の身としては月4回はチト厳しいかな。もっとも昼食はアルコール付きですので、さっさと自宅に帰れば余分な出費は抑えられるのですが、やはり出かけた時くらいはのんびりしたいですよね。

----------------------------------

Rcb7006tbnbb

お出かけ用ソフトケースを購入しました。ショップのうたい文句は・・・。

RITTER CASE RCB7006-TB (トロンボーン用)
発売以来驚異的な売れゆきで管楽器用ソフトケースでも定番ブランドとなったリッター、厚さ約20ミリのソフトフォームパッドにより楽器を保護。
余裕のある立体縫製で、ほとんどのメーカーのトロンボーン、テナーバストロンボーンが収納できます。(8.5インチベルまで)
大小アクセサリーを自由に収納可能な各種ポケット。撥水ポリエステル外装、コーナー部パイプ入り縫製など、細部にわたり剛性が高く使いやすいケースです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »